2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ナスカの地上絵
2009-01-16 Fri 06:38
20090115-02.jpg
<一番好きな地上絵、宇宙飛行士>

よく日本のテレビ番組で放送されているナスカの地上絵は
一度は見てみたいものの一つだった。
セスナに乗るため空港に行くと、
日本から来た高齢の団体旅行客がたくさんいた。
フライト時間は35分と短いけど、かなり酔うと聞いていたので
酔い止め薬を飲んだ。

20090115-04.jpg
<展望台と、木と手の地上絵。片方の手はなぜか4本しかない。>

うちらが乗ったセスナはパイロットが1人に、客が5人の6人乗り。
機体のバランスを考慮して、パイロットが席を指定した。
うちらは最後部座席。
耳にヘッドホンをつけ、いざ出発!
パイロットが絵の説明をしながら、
左右の客両方に見えるよう機体を傾けてくれる。
もらった地上絵の資料を見ながら、必死に窓の下を覗き地上絵を探す。

20090115-03.jpg
<ハチドリ>

地上絵は地面を覆う黒い石や砂をどけて、
白っぽい地面を出すことによって描かれている。
セスナから見ると描かれている線が思ったより細くて少し見えづらかった。
地上絵を見つけては写真を撮ったり、肉眼で眺めたりと大忙し!

20090115-01.jpg

上空から見ると、地上絵以外にも無数の直線が描かれていて、
どのように、何のために描いたのかすごく不思議に思えてくる。
その謎を秘めた感じが人気を博する理由の一つなのかな。

普段酔わないゆーきも、酔い止めを飲んだ私も
気持ち悪くなりながらフライトを終えた。
地上絵の謎がいつ解明されるのか気になるところだ。

by あきこ


<ミラドール(展望台)への行き方>
ナスカの町中から、イカ行きのバスに乗り途中下車する(2ソル)。
ミラドール横の街道は頻繁にバスが通るので、
帰りはそれをつかまえて町中に戻ればよい。

<少しでも安くフライトするには・・・>
空港で直接申し込む。
空港に9社セスナの会社があり、6社聞いたうちの3社が50USDだった。
ナスカの町中で申し込むと、一番安くて55USD(送迎付)。
町中から空港までタクシー1台2ソル。
空港近くの代理店で降ろされる場合もあるので、
必ず空港に行ってもらうこと。
空港近くの代理店でも安くて55USD。
帰りは利用したセスナの会社が町中まで無料で送ってくれた。
別窓 | ペルー | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
<<バックパッカールート | 世界一周 ~Feel The World~ | 貧乏ガラパゴス>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧 ONLY FOR ADMINISTRATOR
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。