2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ガラパゴス情報
2009-01-06 Tue 07:00
20081227-19.jpg

ガラパゴスは1週間以上のクルーズで見て回るのが
一番いいんじゃないかな。
でもやっぱり高いよね。
10万円以上はかかってしまう。
そこでクルーズには参加せず自分達だけで回ってみました。
結果、それでも十分満足できた。
見たい動物は大体見れたし、
間近で飽きるまでずーっと見ていられるしね。
そこで個人で回るための情報を書いておきます。
安宿に関してはどの島も1人10USD前後。
詳細は“安宿情報”で後日紹介します。

20081227-16.jpg

<航空券>
エクアドル本土からガラパゴスにフライトがあるのは
“TAME”と“Aero Gal”の2社。
TAMEの方が若干安い。
グアヤキルからの往復はハイシーズンで350ドルぐらい。
キトからの往復は400ドルぐらい。
共にローシーズンは50ドルぐらい安いけど、
ローシーズン期間は短い。

キト→ガラパゴス→グアヤキルのようなルートも可。
料金はキト往復とグアヤキル往復の中間ぐらい。
学生割引はTAMEのオフィスでのみ購入可。
50ドルぐらい安くなる。
国際学生証の提示が必要。
30歳未満のみ適用。

エクアドル本土からガラパゴスへのフライトがあるのは
バルトラ島とサン・クリストバル島。
ガラパゴスで一番大きな町プエルト・アヨラがあるサンタ・クルス島へは
すぐそばに隣接したバルトラ島の空港から
バス→ボート→バスのコンビネーションで向かう。
バルトラ島の空港はTAMEが1日2便発着。
通常“ガラパゴス”というとこっちの空港を指す。

サン・クリストバル島は空港と町が近い。
こっちはTAMEが月水金日に1便づつ発着。

20081227-38.jpg

<島間の移動>
サンタクルス島からは
イザベラ島とサンクリストバル島へ毎日船が出ている
片道30USD。
往復で買うと交渉次第で55USDになる。
チケットオフィスは何社もある。
どこで買っても結局乗る船は同じなので、
55USDにしてくれるところで買えばよい。

サンタクルス島→イザベラ島 14:00発
イザベラ島→サンタクルス島 6:00発
サンタクルス島→サンクリストバル島 14:00発
サンクリストバル島→サンタクルス島 7:00発

イザベラ島とサンクリストバル島間は直接の船はない。
飛行機で80USD。

20081227-14.jpg

<クルーズ>
クルーズは出発の曜日がだいたい決まっているので、
木曜か日曜に船長と直接交渉すると
出発直前のクルーズが安くなるらしい。

20081227-34.jpg

<ダイビング>
ダイビングは2ダイブで120~150USD。
3ダイブは20USD増し。
ショップによって価格にバラつきあり。
ロンプラで紹介されているところは高い。
ガラパゴスの海はフンボルト海流のせいでとても冷たい。
7.5mmのウェットスーツを準備してくれるところが良い。
フード付きやツーピースならなお良い。
あとダイビング中の写真を撮ってCDに焼いてくれるところが何軒もある。
(料金に含まれている。)

ポイントはゴードンロックが
最もハンマーヘッドシャークの群れを見れる確率が高くてオススメ。
他はサンタクルス島からならノースセイモアやダフネ、
イザベラ島からならイスラトルトゥーガ、
サンクリストバル島からならキッカーロックがいろいろ大物を見れて人気。

20081227-33.jpg

<自力で観光>
クルーズやダイビングに参加しなくても見れる野性の動物は
ゾウガメ、ウミイグアナ、ペリカン、アオアシカツオドリ、アシカ、ウミガメ、
ホワイトティップシャーク、エイ、ペンギン、グンカンドリ、その他鳥多種。

サンタクルス島のおすすめスポット
①El Chato Tortoise Reserve
野生のゾウガメがたくさんいる。
カミオネータ(乗り合いトラック)でサンタ・ロサの町まで行き(1USD)、
町のメインストリートにある
亀の形をした体育館みたいな建物のところを左折して、
そこから3.5kmぐらい歩く。
保護区にたどり着くまでに10頭ぐらいいたので、
そこで引き返してもよい。
もしくは先程の体育館みたいな建物のところを左折せずに
もう少し先で左折すればレストランがあって、
その裏でも見れるらしい(こっちは入場料が必要?)。
タクシーの運転手に「El Chato」と言えばたぶんこっちに着く。

②Bahia Tortuga (Turtle Bay)
プエルト・アヨラの町から歩いて2.5km程。
ビーチがとてもきれい。
シュノーケリングしにくる人が多いけど、
透明度低いし魚はそんなにたくさんいるわけではない。
それよりも2つのビーチの間の岩場のところ(奥のビーチ寄り)で
ウミイグアナが泳いでいるのをたくさん見れるのが楽しい。

③漁船の船着き場
プエルト・アヨラの町中に漁船の船着場があって、
漁師が取ってきたばかりのマグロ等の魚を売っている。
1ポンドあたり2ドル。
たまにロブスターもあり。
ここにアシカとウミイグアナとグンカンドリと大量のペリカンが集まって、
魚をねだっている。
少し先の岩場にはアオアシカツオドリが数羽集まるところがある。
船着き場からダーウィン研究所の方に向かって少し歩くと
右側に曲がれるところがあって、
そこから岩場伝いに行くことができる。
ゆっくり近付けば1mぐらいまで行っても逃げないので、
間近でアオアシカツオドリを見れる。

20081227-25.jpg

イザベラ島のおすすめスポット
①Las Tintoreras
船着き場で船のおじちゃんに直接申し込めば、
シュノーケリングツアー1人10USD。
シュノーケルレンタル込み。
ペンギン、アシカ、ウミガメ、エイ、ウミイグアナ、サメが見れる。
船着き場近くの“Concha Perla”にもアシカはいる。

②Playa del Amor
プエルト・ヴィジャミルの町中から海岸沿いに西へ歩く
“Muro de las Lagrimas”への遊歩道の途中にある
“Playa del Amor”の近くにアオアシカツオドリがたくさん集まるところがある。
ここにはウミイグアナのハーレムもたくさんある。
あとこの遊歩道には野生のゾウガメも現れることがある。
別窓 | エクアドル・ガラパゴス諸島 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
<<グアヤキル | 世界一周 ~Feel The World~ | 泳ぐウミイグアナ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧 ONLY FOR ADMINISTRATOR
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。