2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
タータンチェックとウイスキー
2008-03-23 Sun 23:10
20080320-05.jpg

スコットランドの首都エディンバラは古い町並みを残した美しい町として有名だ。
ゆーきが昔旅先で会った人達は、口々に「ヨーロッパはエディンバラがきれいだ」
と言っていたらしく、今回ここに来るのを楽しみにしていた。

20080323-08.jpg

静まりかえったエディンバラの日曜の朝、
町を歩くと教会から洩れてくるエレクトーンの音と
時折鳴らされる鐘の音で、町は神聖な雰囲気に満ちていた。
教会の中に入ると、ステンドグラスが外光を受けて
色鮮やかに佇み、人々が静かに祈りを捧げていた。

20080323-07.jpg

重厚な建物は黒ずんでおり、歳月の重みを感じさせられる。
通りに敷き詰められた石畳が古い町並みの雰囲気を一層引き立てていた。
町並みだけ時が止まっているように感じた。

20080320-07.jpg
夕日を浴びたエディンバラ城

夜になるとエディンバラ城など、
いくつかの建物が上品にライトアップされ、とても美しかった。
この古い町並みを歩くと自然と心が落ち着いた。

20080323-05.jpg 20080320-06.jpg
街中ではバグパイプの演奏を見ることができる

スコットランドと言えば、タータンチェックが有名だ。
日本でも馴染み深い柄だ。
タータンのデザインごとに「MacBeth」など氏族の名前がついている。
タータンは元来、氏族の証。日本でいう家紋のようなものだった。
現在は氏族制度が廃止されたが、
昔は各々の氏族のタータンを身に着けていたそう。
柄に氏族の名前がついていたなんて知らなかった!
また数百種類ものタータンがあるというから驚きだ。
エディンバラを走るバスの中には座席のシートカバーが
タータンチェックのものもある。
さりげないところにスコットランド独自の文化を感じれて面白い。

昔はイングランドとスコットランドは違う大陸だった。
今は自然の力で同じ大陸になったが、文化は異なったまま。
そう、ここは英国に属するが紛れもなくスコットランドなのだ。

20080323-06.jpg

普段ウイスキーは飲まないが、せっかくスコットランドに来たのだからと
スコッチウイスキーの歴史や種類などについて学べるセンターを訪れた。
動く酒樽の形をした乗り物に乗りながらガイダンスを聞き、
ウイスキーに関する知識を深められ、とても楽しかった。
試飲したミディアムボディのウイスキーは匂いがきつすぎず、
思ったより飲みやすかった。
南アフリカでワイナリーを訪れたときにも思ったが、
お酒は本当に奥が深い!
知れば知るほど知りたくなる。
ヨーロッパは美食と美酒巡りの旅になるかもなぁ。

by あきこ
別窓 | イギリス | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
<<元祖お風呂 | 世界一周 ~Feel The World~ | アイスランドのまとめ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧 ONLY FOR ADMINISTRATOR
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。