2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
世界で最も美しい少数民族
2008-02-18 Mon 22:26
20080219-13.jpg

世界で最も美しい少数民族といわれているらしい
ヒンバ族に会いに、
ナミビア北西の偏狭の地オプウォに来た。

深夜に到着し、
翌朝宿で
「どこに行けばヒンバ族に会えますか?」と聞いたら、
「街中歩けばたくさんいるよ」と教えてくれた。

「え!?そうなの?」と思って街中を歩いてみると、
たしかにいるいる!
しかもみんなおっぱいボローン!

20080219-25.jpg

こんな街中にいるとは思わなかったし、
しかも大型スーパーマーケットに
上半身裸でパンを買いに来ている少数民族なんて
初めて見た!

ヒンバ族の女性は
赤い泥とバターを混ぜたものを体に塗っているので、
全身が赤い。
この状態で一生過ごし、
風呂には絶対入らない。

これは装飾の意味と
寒さや日差しから体を守る為と
虫除けの効果があるらしい。
だからヒンバ族はマラリアにならないらしい。

ヒンバ族の村にも行ってみた。
まずは長老に挨拶。
彼も全身に赤土を塗っている。
ヒンバ族は数を数えないので、
何才かは分からない。

小さな子供たちも年齢は分からない。
「あー、たしか大きな洪水があったときに生まれた子だ」
とかそんな感じらしい。

20080219-27.jpg
                ヘレロ族

オプウォにはヘレロやゼンバ等、
他にも少数民族がいる。
ヘレロ族とヒンバ族は元々同じ民族で、
先に町へと出て行ったのがヘレロ。
でも今は御覧のように似ても似つかない。

ヘレロ族は変わった帽子とカラフルなドレスを着ていて、
なんといってもみんなデカい!
相撲取りのような体型をしていて、
のっしのっしと歩く。

20080219-23.jpg

それに対してヒンバ族はみんな痩せていてスタイル抜群!
太っている人はいない。
これが元々同じ民族とはとても思えないほど違う。

20080219-22.jpg

町に出て服で外見を飾るようになったヘレロ。
そのままで美しいので服を着て飾る必要がないヒンバ。
なぜヒンバ族が世界で最も美しい民族といわれているかが
少し分かったような気がする。

街中で暮らす俺達にとっては耳が痛い話だ。

by ゆーき
別窓 | ナミビア・南アフリカ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
<<野生動物を食べる | 世界一周 ~Feel The World~ | ヒンバ族>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧 ONLY FOR ADMINISTRATOR
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。