2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ミニカッパドキア
2007-09-15 Sat 19:11
20070925-05.jpg 20070925-06.jpg 20070925-07.jpg

タブリーズから車で約1時間半のところに
キャンドゥバーンという村がある。
ここはこれから向かうトルコの有名観光地カッパドキアに似ていて、
トゲトゲした形の岩山に洞窟住居を造って人々が暮らしている。

キャンドゥバーンの近くの町オスクまでバスで行って、
そこから村まで交通機関を探したんだけど
タクシーしか見つからない。
チャーターすると高くつくので乗り合いで行こうとするのだけれど、
ドライバー達はしきりにチャーターを勧めてくるので困っていたら、
どこからともなく英語の話せる人がやってきて助けてくれた。

彼がタダで乗せて行ってくれるという。
車の見た目はタクシーっぽくないけど、
そういうタクシーはイランにはいっぱいいるので、
やっぱりタクシーなのかな?と思いながらとりあえず乗車。

それに便乗して乗ってきた地元のおばちゃんは
途中の村でお金を払って降りていった。
ますます「これはタクシーなのでは?」と思っていると、
村の手前で車が停まった。

ここは昔の洞窟住居跡で土砂崩れによって全て埋まってしまい、
今は誰も住んでいないのだという。
なるほど数人の作業者が発掘作業を行っている。

いくつかの洞窟に入ってみた。
中は涼しい。
夏は涼しく、冬は暖かいらしい。

洞窟住居同士はトンネルで繋がっていて、
地上に出なくてもお互いに行き来できるようになっている
といったようなことを彼が教えてくれた。
彼はタブリーズの大学で英語の通訳を学んでいるとのこと。

キャンドゥバーン村も案内してくれた。
規模はさすがにカッパドキアには及ばないけど、
観光客が少ない分こちらのほうが村の素朴さが感じられ、
人々の生活を間近に見ることができた。

彼は車で送り迎えしてくれた上に村の案内までしてくれたので、
別れ際に少しお金を渡そうとしたけど決して受け取ろうとしなかった。
イラン最後でまたまた親切な人に出会ってしまった。

by ゆーき
別窓 | イラン | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
<<トルコ入国 | 世界一周 ~Feel The World~ | ついに来た!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧 ONLY FOR ADMINISTRATOR
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。