2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ハサンさん一家との出会い
2007-08-30 Thu 21:58


ある日、イランのヤズドにあるバザールを歩いていた。
「カンカン カンカン カン」
規則的な心地好いリズム。
自然と音の鳴るほうへ歩を進める。
銀色や銅色の鍋を積み重ねた古めかしいひとつの工場があった。

音の主はハサンさん。
鍋の側面をトンカチで叩き、少しずつ形を整えていた。
職人気質を感じるハサンさんの表情、心地好いリズム、
工場の雰囲気に魅了され、吸い込まれるように見つめていた。
するとハサンさんは手を止め、穏やかな笑顔で
私たちに腰をかけるよう促してくれた。

ハサンさんが作ってくれたチャイを飲みながら、
英語を話せないハサンさんと、ペルシア語をほとんど話せない私たちは、
片言のペルシア語とジェスチャーで会話を始めた。
住んでいる場所、仕事、家族、旅の話。
ハサンさんはアフガニスタン人で、カンダハル近郊に住んでいた。
しかし、タリバンが来てからというもの住み心地が悪くなり
10年程前イランに移り住んだそう。
子供は男2人、女4人の6人。
子供の人数を言ったときのハサンさんは誇らしげだった。

別れ際、夕食に誘われ、その日の夜ハサンさん家に
夕食を食べに行くことになった。
これが私たちとハサンさん一家の出会い。

20070904-11.jpg

その日の夕方、同じ宿に泊まっていた友達も誘って、
ハサンさん家を訪ねた。
家族は突然の異国の訪問者に、温かい笑顔で出迎えてくれた。
家にはハサンさん一家と長男のお嫁さん、
奥さんの兄弟などもいて賑やかな雰囲気。
テーブルはなく、絨毯が敷かれた床の上に車座になり皆で夕食を囲む。
ハサンさん家は家族団欒が毎日あるように感じた。

イランで初めて食べた家庭料理は、
普段レストランで食べるそれとは違い、とても美味しかった。
おかわりを何回も勧められるので,いつもお腹いっぱいになる。

長女のファティマと次男のバイは片言の英語を話す。
辞書で調べながら一生懸命、話そうとしてくれる気持ちが嬉しかった。

ヤズドに滞在した4日間の内、3日間ハサンさん家で夕食をいただいた。
最後の日、ファティマと長男のお嫁さんから
思いがけないプレゼントをもらった。
キラキラ光るブレスレット。
夕食をごちそうになったうえ、プレゼントまでもらい
感謝しても仕切れない気持ちになった。
お礼に感謝の気持ちを込めながら、折り紙で鶴を折り手渡した。

ハサンさん一家との3日間は予想以上に別れを寂しく感じさせた。
別れ際の握手で、目を合わせるのがつらくなるほど
胸がいっぱいになり涙が出そうになった。

ヤズドで温かい家族と出会った。

by あきこ
別窓 | 世界の人々 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
<<ペルセポリス | 世界一周 ~Feel The World~ | 静かな昼下がり>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧 ONLY FOR ADMINISTRATOR
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。