2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
キルギスタン・カザフスタン 安宿情報 + ミニ情報
2007-08-11 Sat 23:13


キルギスタンとカザフスタンで宿泊した安宿の情報と、
オススメの場所やお店に関するミニ情報をご紹介。

写真はキルギスタンのソン・キョル湖にあるユルトの写真です。
個人的にオススメの宿にはがついています。

<キルギスタン>

①名称不明のカフェ【サルタシュ】
・トイレ、シャワーなしでドミが50com
・清潔度:普通
・コンセントあり
・普段、家で家族が寝ているところを空けてもらって雑魚寝する感じ。
・本業はカフェ
・イルケシュタムからの未舗装道路が、舗装された道路に合流する場所にある。
 周辺に同様のカフェが数件ある。
・トイレはないので、その辺の青空トイレで用をたす。

②アライ【オシュ】 
・水シャワー&トイレ付きでダブルが308com。4人部屋も308com。
・清潔度:普通
・コンセントあり
・バスターミナル&バザールから西へ300m程歩いた左側。
・ここの水シャワーは、すごく冷たくて浴びるのに勇気がいる。
・西隣にサウナがあるのでそこでホットシャワーが使える。
・4人で泊まれば、一人77comで泊まれるのでお得!!

③アク・サイ【ビシュケク】
・ホットシャワー&トイレ共同でダブルが374com。シングルは187com。
・ホットシャワー別料金(15com)
・コンセント使用不可
・清潔度:あまりきれいではない
・食堂あり
・ソヴィエツカヤ通りとジベック・ジョル通りの交差点から
 1ブロック南へ歩き、左折して50m程進んだ左手。
・隣のBARか1階にある食堂から、夜中でも大音量で音楽が流れている。
 トイレはすごく汚いし、お勧めできない。
 「Sakura Guest House」が満室で泊まれなかったので、仕方なく泊まった。

④Sakura Guest House【ビシュケク】
・ホットシャワー&トイレ共同でドミが200com、ダブルが500com
・コンセントあり
・清潔度:きれい
・情報ノートあり
・自炊可。ランドリーサービスあり。
・庭、プール、サウナあり。
・西バスターミナルからマルシュルートカ113,114,235番に乗り、
 ジベック・ジョル通りとソヴィエツカヤ通りの交差点にある
 中華系スーパー「ゴーイン」前で下車。
 そこから北へ150m程歩き、最初の小道を右折。
 200m程歩き、さらに右折して突き当たり。
・キルギス人の奥さんをもつ日本人オーナーが経営。
 サウナやプールもあるし、自炊もできるのでとても居心地が良い。
 1ヶ月程滞在する旅行者多数。
・カザフスタンでウズベキスタンなどのビザ待ちをせず、
 ここでビザ待ちをするべし!!

≪ミニ情報≫
宿の近くにある中華系スーパーで、
米、醤油、味噌、干し椎茸、昆布、蕎麦などが手に入るので、
日本食を作り、日本食三昧の日々を送れる。
長旅で疲れたカラダをここで癒せること間違いなし!!

⑤サリマ【カジサイ】
・ホットシャワー&トイレ共同でダブルが500com
・ホットシャワー別料金(20com)
・コンセントあり
・清潔度:まあまあきれい
・卓球台、プライベートビーチあり
・レストランあり(3食付はダブルが1000com)
・広大な敷地に緑がいっぱい
・カジサイのバス停から200m程カラコル側に歩いて左手のビーチ沿いにある。
・現地の家族連れで賑わっている国民宿舎。
 日本の保養地に来た気分になる。
・夕食は値段のわりに内容が乏しい。
 近くにカフェが数軒あるので、そこで食べた方がいいかも。

<カザフスタン>

①ジュルドゥズ【シムケント】 
・ホットシャワー&トイレ共同でダブルが1500Tg
・ホットシャワー別料金(50Tg)
・清潔度:普通
・コンセントあり
・蚊が多い
・中央バザールの南西の角(大きな門がある)から
 東へ向かって50m程歩き、最初の角を右折。
 100m程進んだ右手にある。
・カザフスタンは物価が高く、安宿を探すのに苦労することで有名。
 この宿はカザフスタンの中では安いにも関わらず、
 設備、雰囲気も悪くなくお勧め。
別窓 | 安宿情報 【アジア】 | コメント comment :2 | トラックバック:0 |
<<ユルト | 世界一周 ~Feel The World~ | 青の都>>
この記事のコメント
[キルギス]
10数年前に知人からの以来でキルギスの学生をホームステイしましたが、彼は卒業後キルギスで旅行社を始めたと連絡があり、来て欲しいと連呼されたのです. そこで、旅行仲間16名でウズベキスタン経由でキルギスに入り、その後、彼も一緒にウズベキスタンも観光しました. キルギスのホテルはヴィシュケクでは4っ星ホテルのアッケメに泊まり、イシククル湖ではロシアから前大統領のエリツィンが急遽ホテルを占領してしまい、大統領夫人の経営するホテルに変更されたのです. 旅行はお腹を壊す人が続出し、16名中11名にもなりました.それは、キルギスの水道水に問題があり、中国などで特効のある正露丸では治らず、抗生物質が必要だったのです. 果物や野菜を水道水で洗いサラダなどにして食卓に出ますが、私は野菜も果物も苦手なので無事だったのです.キルギス人の彼は免疫があるので無事なのですが、ウズベキスタンに移動したら彼も「お腹が痛い」と言い出したのには笑いましたね.此の旅行で一番印象に残ったのはハチミツです.1キロ400円とかで、1リットルのペットボトルで600円なのです.皆で買い込んで重量オーバーでタシケントの空港で罰金をとられました.彼の両親は親戚一同を呼んで大歓迎会をしてくれ、いろいろとお土産をいただいたのですが二度と行くキには慣れませんでした.ところが、2度目も会ったのですからおかしなものです.ちょっと長くなりますが、2度目の話も書きます.キルギスの大使館に彼の同級生がナバーツーで勤務していまして、家族ぐるみの付き合いになっていましたが、彼がある時「ウルムチから臨時便がヴィシュケク」へ就航していると聞いたのです.そこで、仲間に企画を披露し2度目のキルギス行きになったのです.それは、往路はウルムチからヴィシュケクまで飛行機移動し、キロはバスでパミール高原を越えて中国のカシュガルに入ると言うものだったのです.その時は前回に懲りて各自抗生物質を持参し、結果から言うと全員無事だったのですが、イシククルから国境のトルガルトまで直接だと距離がありすぎるので途中のナリンで一泊する事になっていました.そこのホテルはユルタもあったのですが、9月とはいえ夜は冷え込みますので変更して建物の中に全員移動しました.
朝2時半に起床し3時半に出発し税関前で9時過ぎまで待たされ,通関後は国境のトルガルトで中国のバスを待ったのです.中国でも税関の始業時刻が9時なので、通関後120キロもトルガルトへ走りますから、国境に着いたのは午後1時過ぎで、そこで、キルギスの彼と再会を約して分かれ、カシュガルに向かったのです.カシュガルに着いたのは夕方の6時頃で、この日は1日かかって国境を越えたのである一曰く「これは旅行ではないですね.探検みたいなものですね」と言うものでした.幾らでも書く事があるのですがこの辺で一応筆を置きます.
2009-11-27 Fri 11:33 | URL | 宮崎 新 #3O//w0YU[内容変更]
[宮崎さんへ]
大変な旅でしたね。
俺達はキルギスではお腹を壊すことはありませんでした。
インドで鍛えられた後だったからかな?
中国では料理に油が大量に使われていて、
毎日お腹の調子が良くありませんでしたが・・・。
2009-11-30 Mon 02:51 | URL | ゆーき&あきこ #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧 ONLY FOR ADMINISTRATOR
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。