2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
列車でブハラへ
2007-08-13 Mon 20:01
タシケントから乗った寝台列車は4人用のコンパートメントで、
清潔なシーツとお茶もあり快適だった。
同じコンパートメントになったのはタジク人の仲睦まじい夫婦。
勝手の分からないうちらに、ジェスチャーで親切に教えてくれた。

久しぶりの列車だ。
思い出すのはインドの列車。
床にはゴミが散乱し、ゴキブリが徘徊している。
トイレが垂れ流しのため、ホームからは悪臭が放たれている。
あぁ、懐かしい・・・。

ホームに降り立ち深呼吸をする。
ここブハラの朝は、思いのほか涼しく、清々しかった。

20070824-01.jpg 20070824-02.jpg 20070824-03.jpg
ブハラの旧市街を歩く。
古めかしい家々と砂埃の舞う路地。
年季の入った扉が情緒溢れる。

20070824-04.jpg 20070824-05.jpg 20070824-06.jpg
ブハラには円い屋根付きのバザールがいくつかある。
商品の種類ごとにバザールは分かれていて、
昔ここ(写真左)は帽子市場だった。
今は土産物が売られている。
入り口は荷を積んだラクダが通れる高さになっている。
確かに高い。
ラクダが行き交う光景が自然と目に浮かぶ。

20070824-08.jpg 20070824-07.jpg
活気溢れる宝石バザール。
ずらーっと、おばちゃんが並んでいる様はとても迫力がある。
客のほとんどは地元の女性。
ブハラ中の女性がここに集まったのではないかと思うほど、たくさんいる。
やっぱ女性は宝石に目がないんだね。

20070824-09.jpg 20070824-10.jpg 20070824-11.jpg
アルクという城塞の近くに鉄塔が建っている。
寂れた螺旋階段を恐る恐る昇ると、ブハラの街を一望できた。
全体的に砂色の街。
カラーンモスクのターコイズブルーのドームが際立ち、綺麗だった。

サマルカンドと同様、ブハラも観光地だけあって
新しいホテルや土産物屋がやけに多いけれど、
ブハラの方が古い建物が残っており、個人的には好きな街だった。

by あきこ
別窓 | 中央アジア | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
<<QIBRAY | 世界一周 ~Feel The World~ | ウズベキスタンのおじいちゃんたちの置物>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧 ONLY FOR ADMINISTRATOR
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。