2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
中華万歳☆
2006-11-20 Mon 23:15
20061124-04.jpg

国境からバイクタクシーとミニバスを乗り継ぎ、
中国最初の町、憑祥に向かった。
客席が5つしかないミニバスの中では、
おじさんが笑顔で何やら話しかけてくる。

「俺たち日本人なんですよ」と言うと、
「そうか、そうか」と頷きながら、まだ何か尋ねてくる。
でももちろん中国語はわからない。
「ここは早速、筆談だ!」と思い、ノートを差し出してみる。
おじさんはノートに『日本』と書いた。
う~ん、それは伝わったんだね。
でも、俺たちはおじさんが話していた内容が知りたかったんだけどな。
ま、いっか。
しばらくしておじさんの降りるところに着いたらしく、
「じゃぁね」と言って降りていった。

憑祥の町中に着き、早速宿探し。
2軒回ったが、どちらも英語は全く通用せず。
そのかわり、漢字の筆談は何とか通用する。

2軒目の宿に泊まることに決めたが、この宿の鍵のシステムが一風変わっている。
客に鍵を渡さないのだ。
部屋を出るときは自分で内側からロックし、扉を閉めて出る。
外から帰ってきたら、フロントにいる若者の内の一人が鍵の束を持って
俺たちの3階の部屋まで一緒についてきて、鍵を開けて戻っていく。
何でこんな面倒くさいシステムなんだろ?
鍵の紛失事件でも頻発したのかな?
まぁ、客としては特に不満はないけど。

宿の次は初メシ。
本場の中華をこの舌で確かめてやろうと、町中をぶらぶら。
宿の近くの1軒の食堂を覗いてみると、
まだ6時だというのに20程ある席がびっしり客で埋まっていて、
みんな必死で食べている。
その姿にちょっと圧倒されるも、
「この店は間違いない!」と思い、ここで食べることに。

店先に惣菜が並んでいて、その中から数種類選び、
ご飯とスープと一緒に食べるシステム。
その周りにも客が群がっていて、油断すると順番を抜かされるのでしっかりガード!
中国人が列に並ばないのは有名なので、しっかり自分の位置をキープしないといけない。

席も無事確保でき、いざ食べてみることに。
「んっ、うまい!さすが中華!」
少し脂っこくはあるけれども、どの惣菜も間違いなく美味い。
しかもこのセットで1人5元(約75円)という安さ。
中華万歳☆

by ゆーき
別窓 | 中国 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
<<ベトナムのまとめ | 世界一周 ~Feel The World~ | 漢字の国>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧 ONLY FOR ADMINISTRATOR
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。