2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
コスタリカの主役
2008-10-23 Thu 22:55
20081023-08

コスタリカではツーリスト向けのパンフレット、
ポスター等で一番よく見かけるのが、
色鮮やかなカエルの写真。
ロンリープラネットの"コスタリカ"も表紙はカエル。

20081023-04

コスタリカに来るまでは"熱帯雨林の中で野鳥観察"ってイメージだったけど、
段々カエルに興味が湧いてきた。
ちょうどここサンタ・エレナには"Frog Pond"という施設があって、
名前から察するに
池にカエルがいっぱい放し飼いになっているのかなと思って訪れてみた。

20081023-05

入口でチケットを買うと、
「このチケットで日中と夜の合計2回入場できる」
と教えてくれた。
日中ガイドの説明を受けながら見て回り、
カエルが活動を始める夜に自分達だけでもう一度見て回れるとのこと。

20081023-11

早速中に入ってみると、
さすがに放し飼いとまではいかないまでも、
ガラスに囲われた中に種類別にカエルがいる。
15種類ぐらいいたかな。
緑と黒の斑模様のカエル、メタリックカラーのカエル、
赤い体に青い足のカエル、オスティオナルでも見かけた巨大なヒキガエル、
口が横に広がっていて笑ってるみたいなカエル等々。。。

20081023-02
<これは赤い体に緑の足>

カエルは夜行性で日中は葉っぱの下とかに隠れているから、
ガイドが教えてくれないとどこにいるのかなかなか見つけられない。
なんとか一通り見終わって、
夜もう一度戻ってきた。

20081023-03

暗い中、懐中電灯片手に見て回ると、
日中は葉っぱの陰で寝ていたカエル達がみんな出てきていた。
ピョンピョン飛び跳ねているやつもいる。

20081023-09
<笑っているような顔のカエル>

一番有名人はアカメアマガエルってやつで、
どのポスターやパンフレットにも写っている。
色鮮やかな体に赤い目を持っている。

20081023-12
<これがアカメアアマガエル>

写真を見る度に
「なんでこんなに愛らしい表情をしているのかな?」
と思っていたら、
ここで見ていて気が付いた。
体に比べて異常にデカイ目がギョロッとしているからだ。
他にもギョロッとした目のカエルが多い。
日本のカエルとはちょっと違う。

20081023-06
<みんな目がギョロッとしている>

コスタリカに来るまでは全然興味なかったのに、
夜の部の6時から8時半までぶっとおしでカエルを眺めて宿に帰った。

by ゆーき
スポンサーサイト
別窓 | コスタリカ・パナマ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ギリシャ 安宿情報
2008-10-23 Thu 08:48
20081013-10.jpg
サントリーニ島 イアの街並み

ギリシャ 安宿情報の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【ヨーロッパ】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
イタリア 安宿情報
2008-10-23 Thu 07:55
20081013-11.jpg
ウ゛ェネツィア

イタリア 安宿情報の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【ヨーロッパ】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
スイス 安宿情報
2008-10-23 Thu 07:45
20081013-06.jpg
グリンデルワルト

スイス 安宿情報の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【ヨーロッパ】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ナマケモノ
2008-10-12 Sun 04:03


モンテベルデ自然保護区への拠点となる町
サンタ・エレーナは町自体は小さいが、
旅行会社や宿がたくさんある。
レストランや品揃え豊富なスーパーもあり、
意外に便利。
宿の周りには緑がうっそうと茂り、
身近に自然を楽しめるところだ。

20081009-07.jpg

朝、宿のオーナーが手招きするので行ってみると
宿のすぐ向かいにある木に、なんとナマケモノがいた。
保護区に行かなくても見れるなんて、すごい!!

20081011-13.jpg

ナマケモノは機にぶら下がり、
ゆーっくりと動きながら、
ひたすら葉っぱを食べている。
体が柔らかく色んな方向に手足が動く。
顔はまんまるで愛らしく、
あまりの可愛さに2時間以上ずっとナマケモノを見ていた。
ナマケモノ観察がここでの日課になりそうだな。

20081011-12.jpg

木につかまり、うずくまって寝る姿も可愛い。
これは寝起きのナマケモノ。
寝てたから、「おーい!起きてー!!」って言ったら
眠そうに顔をあげて、何度もあくびをしていた。

20081011-07.jpg 20081011-06.jpg

宿の周りにはハチドリや面白い葉っぱ、虫がいたりして
さすが自然の宝庫コスタリカだなと感心させられた。
モンテベルデ自然保護区よりずっと面白い!!

by あきこ
別窓 | コスタリカ・パナマ | コメント comment :1 | トラックバック:0 |
モンテベルデ自然保護区
2008-10-12 Sun 04:02
20081011-09.jpg

モンテベルデ自然保護区は熱帯雲霧林という
独特の生態系をもったジャングルが広がり、
多種多様なハチドリや古代マヤの聖鳥ケツァールが
見れるらしい。

自然保護区内にはいくつかのトレイルがあるが、
うちらは3時間歩くトレイルを選んだ。
ガイドブックに
「動物観察を期待すると、見つけられずに
がっかりするかもしれない」
と書いてある通り、
ゆーきは淡い期待を 抱いていたようで、
まんまとがっかりしていた。

20081011-10.jpg

保護区内に様々な動物が生息しているらしいが、
なかなか人前に姿を現さないらしい。
でも運好く見れるかもしれないので、
歩きながらキョロキョロ辺りを見まわす。
珍しい植物があるかもしれないから、下を見る。
ハチドリや、滅多にお目にかかれないケツァールが
見れるかもしれないから、上を見る。

あっちこっち見ているうちに
「もぉ〜 !!どこ見たらいいんだー !!」
って訳分からなくなってくる。
そんなことしながら歩いていたら結局5時間かかったさ。

20081011-08.jpg

でも私は2秒だけアグーチという茶色い毛並みで
体長50cm程の動物を見れた。
諦めかけていたときに、いきなり前方にいたからびっくりして
「わあっ!!」って声をあげたら、ゆーきが見る前に逃げちゃった。
さらに落ち込むゆーき。
ご、ごめん・・・。

それ以外には黄色や緑色の体毛で細長い嘴をもった ハチドリや、
ちょっと変わった植物を見れた。
動物をほとんど見れなかったのは残念だったけど、
森林浴はとても爽やかで気持ちのいいものだった。

by あきこ
別窓 | コスタリカ・パナマ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ドイツ 安宿情報
2008-10-12 Sun 04:02
20081013-09.jpg
イーストサイドギャラリー(ベルリンの壁)

ドイツ 安宿情報の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【ヨーロッパ】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ベルギー・オランダ 安宿情報
2008-10-12 Sun 04:02
20081013-05.jpg
オランダのアルクマールのチーズ市

ベルギー・オランダ 安宿情報の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【ヨーロッパ】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
フランス 安宿情報
2008-10-12 Sun 04:02
20081013-04.jpg
点滅してキラキラ輝くエッフェル塔

フランス 安宿情報の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【ヨーロッパ】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ポルトガル 安宿情報
2008-10-12 Sun 04:01
20081013-03.jpg
ポルトの街並み

ポルトガル 安宿情報の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【ヨーロッパ】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
スペイン 安宿情報
2008-10-12 Sun 04:00
20081013-02.jpg
セビーリャの春祭り

スペイン 安宿情報 の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【ヨーロッパ】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ベルギーのビール
2008-10-12 Sun 03:39
20080516- 015

『Hoegaarden White』
日本におけるベルギービールブームの火付け役となったビール。
爽やかでフルーティーなのにコクがある。
お気に入り度:★★★★★


20080516- 088

『Hoegaarden Rose』
日本でもたしかヒューガルデンは4種類ぐらい
売られているのを見たことがあるけど、
これは見たことがない。
ヒューガルデンホワイトにベリーの甘味と酸味が加わった感じ。
とても綺麗な色をしている。
お気に入り度:★★★


20080516- 071

『Rochefort』
トラピストビールの一つ。
トラピストビールは元々トラピスト派修道院が
修道院運営の資金調達のためにつくり始めたビールで、
世界で6つしかない。
今は修道院ではなく醸造所でつくられている。
ヒューガルデンと同じく爽やかなのにコクがあって
とても美味しい。
お気に入り度:★★★★★


20080516- 072

『Orval』
トラピストビールの中ではこのOrvalとChimayが有名で、
日本でも見かける。
アルコール度数が高くて、味も濃い。
独特な香り。
お気に入り度:★★★★


20080516- 077

『Westmalle』
これもトラピストビール。
普通のビールと黒ビールがあって、
これは黒の方。
お気に入り度:★★★


20080516- 081

『Kwak』
ベルギーではビールはそれぞれのビールの専用グラスで出てくる。
このKwakはグラスの形が面白い。
泡がたくさんたつようになっている。
飲むときにグラスの中を見ていると、
滝が流れ落ちてくるように見える。
味も色も普通のビールと黒ビールの中間ぐらい。
お気に入り度:★★★★
別窓 | 世界のビール | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
またもや早すぎた・・・
2008-10-12 Sun 03:01
20081011-05.jpg

絶滅の危機に瀕している巨大なオサガメの産卵を見るため、
プラヤ・タマリンドに来た。
オサガメの産卵はここから北へ行った
プラヤ・グランデで見れるらしい。

早速プラヤ・タマリンドにある旅行会社で尋ねたら、
オサガメの産卵は2週間後くらいから始まるとのこと。
う・・・、またもや早すぎたうちら。
空振り続きだなぁ。

プラヤタマリンドは波が高いのでサーファーが多い。
砂浜はゴミがなく綺麗だけど、
雨が降るせいか海は真っ茶色。
泳ぐ気がしない。

カメよ、早く来ておくれ。
2週間後くらいにまた戻ってこねば。

by あきこ
別窓 | コスタリカ・パナマ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
オスティオナル脱出
2008-10-12 Sun 02:45
海亀の大産卵は3週間後とのことなので、
一旦オスティオナルを離れて、
先に他の場所を観光することにした。

3日目にサンタクルスへ向かうバスに乗ろうとしたら、
川の水位が高い為、
バスがオスティオナルまで来れなかった。
ノサラ~オスティオナル間の川ほどは大きくないけど、
サンタクルス方面からの道にも川があって、
水位が人間の腰ぐらいになるとバスは渡れなくなる。
雨期にはよくあることらしい。

ということで、
オスティオナルには結局3泊することになった。
毎日夜11時半頃と朝5時頃にビーチに行ったけど、
海亀は見れなかった。

ヤドカリやカニはたくさんいた。
宿の敷地内にはイグアナがいて、
毎日同じところでのんびりしていた。
夜、部屋の前のテラスの電気をつけていると、
体長10cm程もある巨大カエルが毎晩やってきた。
あとは海亀を見るだけ。
3週間後、本当に見れるんだろうか?

by ゆーき
別窓 | コスタリカ・パナマ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
1日に数千頭の海亀がやってくる
2008-10-11 Sat 10:08
コスタリカ最初の目的地はオスティオナルという小さな村。
ここはヒメウミガメが産卵しに来ることで有名。
旅の最初の方、
マレーシアで海亀の産卵は見たから
もういいかなぁと思っていた。
ところがここオスティオナルは
シーズン中であれば毎日数頭の海亀がくるという以外に、
1ヶ月に3~5日に集中して数千~数万頭の海亀が産卵しに来て、
足の踏み場もない程の状態になるらしい。

それは凄い!
ってことで、それを見に来た。
その海亀が大襲来する現象のことを"アリバダ"って言うんだけど、
それがいつ起きるかは誰にも分からない。
一応、下弦の月(月齢20)前後に起きることが多いらしいけど、
そうでないときもある。

こうなったら1週間でも2週間でも待ってやるぞー!
ってな意気込みで、
とりあえず現地までやって来た。

まず7km離れたところにあるノサラという町までバスで来て、
そこからはヒッチハイク。
ノサラとオスティオナルの間には橋の架かってない川がある為、
バスは走ってないと聞いていた。

これまでにも道路の上を小さな川が横切っているところは
何ヶ所か見てきたので、
そんな感じかなぁと思っていた。
ところが大型トラックをヒッチして来てみたら、
なんと本気の川!
川幅は10m以上!
深さは馬の足の長さぐらい!
馬がこの川を渡るときに腹が水面についていた。
これが道路として成立しているのが信じられない。

これじゃぁ、さすがにバスは渡れない。
四駆の車でも渡れないんじゃないだろうか。
俺達の乗った大型トラックは
なんとかこの本気の川を2本渡って、
オスティオナルに無事たどり着いた。

ビーチに出てみたら、
無数に白いものが落ちている。
なんだろうと思って良く見ると、
卵の殻だった。
凄い数。

20081011-04.jpg
<白いのは全部卵の殻>

村の人達に聞いたところ、
1週間前にアリバダがあったから、
次は3週間後だろうとのこと。
それでも毎日数頭は産卵に来るみたいなので、
とりあえず夜11時ぐらいに見に行ってみた。
でも暗くてよく分からない。
懐中電灯を持って宿の近くを一通り見て回ったけど、
海亀はいなかった。

翌朝、日の出直前の辺りが明るくなり始めた頃に
また見に行ったら、
ビーチにはカラスが数十羽集まっていた。
近付いてみると、
生みたての卵を次々と掘り返して食べている!
マレーシアで海亀の産卵を見たときも聞いたけど、
大人まで無事成長する亀は100分の1の確率らしい。
その現実をまざまざと見せつけられた。

20081009-04.jpg
<カラスが海亀の卵をあさっている>

すると突然あきこが走り出した!
カラスを追い払っている。
「"保護区"なのに全然保護してないじゃん!」
と怒っている。
そうだ!
もっとちゃんと保護しろ!

特定の動物だけを保護するということが
果たして良いことなのかどうかはなんとも言えない。
その動物を保護するということは
他の動物の繁殖を妨げることになるから。

でもこのカラスの多さはちょっと異常だ。
カラスは人間の住むところに多くいるもの。
ここまで数が増えているのは人間のせいもあるだろう。

まあ理屈に走ると答えは出ないので、
感情論でいきましょう。
海亀は好き!
カラスは嫌い!
だから海亀の保護を!

ところがここオスティオナルでは
アリバダの期間中のみ
地元住民が卵を採取して売ることが認められている。
そんなバカな!
そんなことやってないで保護してよ!
でも今でも数千~数万頭の海亀がやってくるということは
保護に成功しているということか?

よし!
こうなったらアリバダのときにもう一度戻ってきて、
本当にそんなに海亀がやってくるのかどうか確かめてやる!

by ゆーき
別窓 | コスタリカ・パナマ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
フランクフルトのアップルワイン
2008-10-11 Sat 01:05
20080516- 108

フランクフルト名物のアップルワイン。
店で「アップルワインはあるか?」
と訪ねると、
「飲んだことあるか?」
と聞かれた。

「ない。」
と答えると。

じゃぁこれかな?
と出してくれたのがこれ。
炭酸入りの方が飲みやすいとのこと。

期待していたのにあんまり美味しくなかった。
アップルワインは美味いと感じるまでに慣れが必要らしい。
別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
モロッコ 安宿情報
2008-10-10 Fri 23:32
20081013-01.jpg
シャウエンの青い街並み

モロッコ 安宿情報 の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【アフリカ】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
イギリスのビール
2008-10-10 Fri 08:46


『McEWAN´S』
スコットランドで飲んだビール。
スコッチエールという部類のビール。
なにかのコンテストでチャンピオンになったのでしょう。
味はなかなか良かった。

お気に入り度:★★★★

20080320-01.jpg

こっちはロンドンのパブで飲んだ生ビール。
イギリスのビールは日本やドイツのラガーと違って、
エールという上面発酵で作られるビール。
イギリスのパブではビールを
パイント(約568ml)単位で注文する。

お気に入り度:★★★
別窓 | 世界のビール | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
アイスランドのビール
2008-10-10 Fri 08:07


『THULE』
寒いのであまり飲む気にならないけど、
とりあえず飲んでみた。
普通のビール。

お気に入り度:★★★★
別窓 | 世界のビール | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
なにもない~
2008-10-10 Fri 07:39
グアテマラは予想外に見所が多かったので、
かなり長くなってしまった。
次に向かう国はコスタリカ。
でもその前にエルサルバドル、ホンジュラス、
ニカラグアと通っていかなければならない。

ところがこの3カ国、見所がほとんどない!
ホンジュラスのコパン遺跡は
この間グアテマラからちょこっと入国して見てしまったし、
ウティラ島ではダイビングのライセンスが
安く取れるらしいけど、もうライセンスは持っている。
というか、もう昔程安くもないらしい。

ニカラグアはコーン島というのんびりできそうな島があるけど、
予定ルートからはちょっと遠いし、
わざわざ遠回りして行くほどでもないかなぁ。
エルサルバドルにいたっては、
はっきり言ってなし!

ということで、
ささーっとコスタリカまで駆け抜けることにした。
こういう考え方の人に最も一般的なのは、
TICAバスっていう国際バスを使って
エルサルバドルの首都サンサルバドルと
ニカラグアの首都マナグアに1泊ずつして、
コスタリカまで抜ける方法。
でもこのサンサルバドルとマナグアが結構治安が悪いらしいので、
俺達はこの2都市以外に泊まりながら
コスタリカまで抜けることにした。

20081009-01.jpg

最初に訪れたのはエルサルバドルで
3番目に大きな町サンミゲル。
日曜日なので、
店という店がほとんど閉まっていて、
町はひっそりと静まり返っている。
浮浪者やゴミが多く、かなりさびれた感じ。

中央公園に面したカテドラルだけは綺麗で立派。
その前に行くとそこだけ人が集まっていた。
今日は何かのお祭りなのか、
イエスとマリアの像が御輿に乗っていた。
でもツーリストなんか全然見掛けない。
他に見るものもないので、さっさと退散。
ホンジュラスは今回は通過。

20081009-02.jpg

ニカラグアはまず第二の都市、古都レオン。
町に着いたら、
ここもなんだか祭りをやっているようで、
ニカラグア版獅子舞の周りをみんなが囲んでいた。
ここには中米最大規模のカテドラルがある。
100年かけて造ったとのことで、
なかなか歴史を感じさせる外観。
でもその分ちょっと薄汚れている。

市場の前の食堂で飯を食ったら、
かなり安くてうまかった。
ここなら毎日でも通えそう。
でもこの町も特にすることがないので、早々に退散。
町中には教会がいくつかあるけど、
もう教会は嫌というほど見てきたので、パス!
コロニアルな町並みもパス!
ちなみにこの町もツーリストなし。

20081009-03.jpg

次はこちらも古都、グラナダ。
こっちはなぜか欧米人ツーリストがたくさん。
「Calle de la Calzada」という幅の広い通りは
歩行者天国みたいになっていて(車も通れなくはない)、
両サイドには外国人ツーリスト向けの宿、レストラン、
バーがずらーっと立ち並んでいる。
その分レオンより物価は高いけど、華やかな感じはする。
ここに2泊して、これでニカラグアも終了。

サンサルバドルとマナグアは日中に
バスの乗り換えだけしたけど、
町中にゴミが散乱していて、浮浪者も多そうだった。
マナグアでは交差点で信号待ちしている車に物を売りにくる人や、
窓ガラスを勝手に掃除して
「お金ちょーだい」って人がかなり多かった。
各交差点に4~5人ずつぐらいいた。
首都はやっぱりどこも貧富の差が激しいようだ。

次はついにコスタリカだー!

by ゆーき
別窓 | エルサルバドル・ニカラグア | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
安眠できないニカラグア
2008-10-08 Wed 16:19
20081011-02.jpg
<グラナダの町並み>

ニカラグアのレオンにある安食堂でご飯を食べ終わり、
本を読んでいたとき。
薄汚い少年3人がいきなり店内に入ってきて、
テーブルに置いてあった他の客の食べ残しを
奪い合うようにしてほおばった。
そして、ゆーきの皿にあったチキンの骨も
すごい勢いで奪い去って行った。

一瞬の出来事で何が起きたのか分からなかった。
これが中米なのか?
アフリカでもこんな経験はしたことがない。

ここの安食堂で食べた料理がおいしかったから、
「見所ないけどもう1泊してもいいね」
なんて言っていたけど、即撤回。
翌日グラナダへ向かうことにした。

宿へ戻り、部屋に入って異変に気付いた。
出掛ける前と変わってる・・・。
ゆーきのバックパックの袋の口の開き具合、
そして中身の様子などが明らかに変わっていた。
椅子の上に置いておいたバックも裏表逆になっている。
コソ泥だ!!

幸い、私のバックパックに入れておいた貴重品は
パックセーフ(バックパックを網状に包む防犯用具)を
しっかりしていたため、何も盗られたものはなかった。

宿に来た時から、なんだか嫌な予感はしていた。
普通高い方の部屋を勧めるのに、
ここはなぜか一つだけある少し安めの部屋を勧めてきた。
だから多分何かあるんだろうなと思いながらも、
他に安くて良さそうな宿がなかったから仕方なくここにした。
直感は当たるものだね。

今までの経験から、こういう宿は寝ている間も
用心しないといけないと思い、寝る前に
ドアの前にスプレー缶、椅子、椅子の上ぎりぎりに鍵を置いた。
こうすればコソ泥が夜中に合鍵で部屋に侵入しようと
ドアを開けたら、何かしら音がするだろう。
と、コソ泥対策をしつつも
どうも安心できず、なかなか眠れない夜だった。

翌日向かったグラナダは、観光客が多く、
レオンよりも安全そうな雰囲気だった。
ここでは安心して眠れるといいな !

しかーし。
夜中にドアを何度もノックする音が !!
電気付けっぱなしで寝てしまっていたから、
宿の人が電気を消せと注意をしに来ているのかと思い、
とりあえず電気を消した。
そしたら今度は窓を叩き出した。
おかしい・・・。
宿の人じゃないな。
と不安に思っていると、しばらくしたら鍵を出す音がして、
鍵を差し込みドアを開けようとしてきた。
ガチャガチャガチャ !

やばーーーい !!!!!
ゆーきはバタフライナイフ、
私は凶器がないから殺虫剤のスプレー缶を片手に
ドアの前で戦闘体制。
鍵が違うからドアは開かなかったけど、いやいや怖いのなんの。

だいぶたってから、宿の人が来て
そのやり取りを盗み聞きしたところ、
どうやらヤツは隣の部屋に泊まっていた酔っぱらいで
鍵をなくしたか、部屋に置き忘れてしまったらしい。
ったく、勘弁してよ。

今夜も眠れないニカラグア。

by あきこ
別窓 | エルサルバドル・ニカラグア | コメント comment :2 | トラックバック:0 |
中米のまとめ(前編)
2008-10-08 Wed 14:31
[ベリーズ]
belizemap20080905.jpg

[グアテマラ]
guatemalamap20081007.jpg

[エルサルバドル]
elsalvadormap20081007.jpg

[ホンジュラス]
Hondurasmap20081007.jpg

[ニカラグア]
nicaraguamap20081007.jpg

グアテマラがこんなに見所いっぱいなところだとは知らなかった。
遺跡、自然、民族となんでもある。
先住民の村に至っては、
色々回り過ぎて最後の方はもう飽きそうになってきたぐらい。
それでもまだ行ってない村がたくさんある。

それに対して他の4ケ国、ベリーズ、エルサルバドル、
ホンジュラス、ニカラグアはこれといって見所がない。
強いて言えばカリブ海に面した島々ぐらい。
これらはどこか1つ行けばいいんじゃないでしょうか。

俺達はベリーズのキーカーカーに行ったけど、
いろんな生き物が見れて良かった。
やっぱりマナティは最高に可愛い。
中米のまとめ(前編)の続きを読む
別窓 | 各国のまとめ 【中米・南米】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
のんびり
2008-10-08 Wed 04:21
20080927- 048
<部屋の前のテラスからの眺め>

グアテマラを出る前に、少しのんびりしようと思い、
当初予定にはなかったサン・ペドロ・ラ・ラグーナに来た。
旅行者向けのレストランはいくつもあるが、
パナハッチェルよりのどかな雰囲気だ。

宿はアティトラン湖が見渡せる4階建ての最上階で、
部屋には大きな窓があり、そこから湖と山が見渡せる。
また部屋の前には広いテラスとハンモックがあり、
くつろぐのに最高の環境。
音楽をかけてハンモックに揺られながら、
目の前に広がる雄大な景色を眺めた。

あちらこちらにひらひらと舞い上がる凧。
最後に正月に凧あげしたのはいつだっけ?

20080927- 046
<湖でカヤック>

湖でカヤックもした。
湖上はとても静かで、水を漕ぐ音だけがする。
雲がなんだか綺麗だった。

シェラで同じ宿だった友達がたくさん来たから、
皆で夜中までゲームをした。
面白かったなぁ。

20080927- 047
<最終日に見た朝焼け>

朝日を見るため毎朝5時半に起きた。
山に隠れて朝日は見れなかったけど、
初日と最終日に見れた朝焼けが綺麗だった。
景色を眺めながらの朝食はいつもより数倍おいしく感じた。
最終日の朝に見た朝焼けはものすごく綺麗で、とても満足した気分。

なんだかんだ長く滞在したグアテマラ。
そろそろ出ようかな。

by あきこ
別窓 | グアテマラ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
メキシコ・キューバのまとめ
2008-10-07 Tue 07:36
[メキシコ]
mexicomap200800905.jpg

[キューバ]
cubamap20080723.jpg

メキシコは広いし見所もたくさんあって、
全部見て回るのは大変。
興味のあるところ何ヶ所かだけに絞らないといけない。

メキシコシティからグアテマラへ南下するルートを考えると、
カンクンはちょっと遠い。
ヨーロッパから最初に飛んできたのがカンクンじゃなかったら、
そっちまで行ってなかったかもしれない。
カンクンに行ってなかったら、
キューバにも行かなかっただろう。

とは言いつつも、
メキシコはそれぞれの町に特色があって、
飯も美味いのでついつい日程が長くなってしまう。

逆にキューバはこれといった見所がない。
ハバナで音楽を聞きに行ったりして過ごすのがいい。
1週間の日程でハバナとビニャーレスに行ったけど、
ハバナだけを1週間にすればよかったなぁと後悔した。
メキシコ・キューバのまとめの続きを読む
別窓 | 各国のまとめ 【中米・南米】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。