2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ランテン族の女の子
2006-09-29 Fri 19:59


ラオスのルアンナムター近郊のランテン族の村に暮らす女の子。

藍染の民族衣装を着ている。
漢字を使用するらしい(でも通じなかった)。
成人女性は眉を剃るらしく、写真の女の子はまだ眉毛があったけど
彼女の母親や他の女性は眉毛がなかった(ちょっと怖い)。
一生懸命、刺繍をしていました。
スポンサーサイト
別窓 | 世界の人々 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ランテン族の村訪問
2006-09-29 Fri 19:41
20061004-09.jpg
ここルアンナムター近郊にも少数民族が暮らしているので
バイクでランテン族の村へ行ってきました。
村には油断すると落ちてしまいそうな怖い木の橋があり、
それをなんとか渡ると家が点在している。
今まで訪れた他の村と違って、ランテン族の人たちは
挨拶をしても返してくれない。
シャイなのかな?
それとも怪しまれている?

それにもめげず、奥の方まで入っていくと
女の子が家の前に座って刺繍をしている。
挨拶をすると笑顔を返してくれたのでほっとして近寄ってみた。
女の子が家の中から椅子を出してくれたので
座って刺繍の様子を観察。
すると、少し離れたところから小さな男の子がこちらを見ている。
手招きすると恥ずかしそうにしながらも、少しずつ歩み寄ってきた。
飴を差し出すと受け取って食べるが、
まだ恥ずかしそうに柱の後ろに隠れたりしている。
アカ族の村の元気にはしゃぎまわる子供たちとは対照的。

そんなことをしながら暫く座っていると
家の中から女の子の母親が出てきた。
「その刺繍バッグ欲しい?」と聞いてくる。
ランテン族は漢字を使うと聞いていたので、
売り物だろうとは思いながら
「無料?」と紙に書いてみた。
しかし読めないらしく、紙を持って奥に入っていった。

すると父親登場。
ちょっと考えて「30000」と書くが、
自分の書いた数字を何回も見直している。
暫くすると次は「2000」と書き、また見直している。
恐らく一桁間違っている。
お金を使ったやり取りをするようになってから
まだ日が浅いのかもしれない。
暮らしがどんどん変わってきているんだなと
色々な所で感じさせられる。

刺繍のバッグを作っている彼女を前にして値切る気持ちにならず、
かといって言い値で買う気にはならず、買わずに帰った。
なかなか笑顔を見せてくれない人が多い中、
唯一優しい笑顔で接してくれた彼女の優しさが嬉しかった。

by ゆーき&あきこ
別窓 | ラオス | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ルアンナムターへ
2006-09-28 Thu 20:15


ムアンシンからバスで2時間、ルアンナムターに到着。
またもや乗り合いソンテウでしたが、
今回は舗装された道だったので砂まみれにならず一安心。
でも荷物がたくさん積み込まれ、足の置き場に困るほど。
バスで向かい側に座っていたアカ族の女性は編み物をしていました。

この町もムアンシンと同じく中国人が多い。
看板や品物に漢字が目立ちます。

by あきこ
別窓 | ラオス | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
JINZHUAN GYAN
2006-09-27 Wed 20:17


ラオスのムアンシンで買った中国ビール。
中国が近いため、街中を探せば中国産のビールがチラホラ。
Beerlaoをより安く、さらに薄口。
氷を入れてビールを飲んだような感じ。

お気に入り度:★★
別窓 | 世界のビール | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
アカ族の女性
2006-09-27 Wed 20:00


ラオス、ムアンシン近くのアカ族の村にて。
アカ族の女性は寝るときもこの帽子をかぶるそう。
でも最近は帽子をかぶらないで、頭に布だけを巻いている人もいる。
洋服も民族衣装ではなく、
市場で売っているような普通のTシャツやシャツなどを着ている人も。
村では上半身裸の女性もチラホラ。

写真を撮って見せてあげると、
「もう、やだぁ」という感じで照れくさそうにしていました。
別窓 | 世界の人々 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
アカ族の村を訪問
2006-09-27 Wed 19:46

今日はチャリを借りてアカ族の村へ行ってきました。
石ころだらけのデコボコ道や牛の糞だらけの道、
そして途中で道が途切れチャリで川を渡るなど約2時間。
やっと到着(きつかったぁ~)!!

村には高床式の家があり、黒豚・鶏・犬がそこらじゅうをウロウロ。
村人は興味深そうにこちらに視線を投げかけている。
まずは挨拶「サバーイディー」。
子供たちは元気に挨拶を返してくれる。

でもいまいちまだ溶け込めないし、写真も撮りづらい。
そこでお近づきの印に町で買ってきたゼリーをあげ、
ついでに写真も撮らせてもらうことに。
すると村の子供たちがどんどん集まってきて、ちょっとした人気者!?
ゆーきが集まってきた子供たちにゼリーをあげると
皆すごく喜び、写真を撮ると「見せて見せて!!」と
腕にしがみつきカメラを覗く。


帰るときには子供たちが走って追いかけてきて、
手を振ってくれたり、村を出てからもしばらくついてきたりと
かなりの歓迎ぶりでした。
子供たちの元気いっぱいの笑顔を見れ、来た甲斐がありました。

by あきこ
別窓 | ラオス | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
カオ・ソーイ
2006-09-25 Mon 19:40


ラオス北部で食べられる料理。
きしめんをやわらかくしたような麺を使い、味はまさに坦々麺。
付け合せにパクチーやミントなどが入った野菜を入れて食べる。
味はコクがあっておいしいけど、辛い!!
でも病みつきになる美味さ。
一時期、カオ・ソーイ中毒に陥りました。
別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Beerlao
2006-09-24 Sun 19:27


ラオスのビールと言えば「Beerlao」。
薄味でコクもなく、特においしくはないが別にまずくもない。
ただなんか物足りない感じ。

お気に入り度:★★
別窓 | 世界のビール | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
蛙の激辛炒め
2006-09-24 Sun 19:17


ラオスのムアンシンは、中国の国境が近いため
中国人が多く、中華のお店がある。
メニューがなく、お店の人に適当に選んで持ってきたもらった料理がコレ。
最初は何か分からず食べていたけど、途中で「あっ」と気付いた。
5本指の手足が入っているではないか!?
市場でたまに売られている蛙の炒め物でした。
しかも激辛!!辛くて口も胃もヒリヒリ。
バッチリ手足と分かる物体を発見してしまった後は食べれませんでした。
別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
な~んかいい感じ
2006-09-24 Sun 18:06

今日は移動の日。
まずチェンコーンから渡し舟でメコン川を渡り、
ラオス側の町フエサイへ。
ここからさらにメコン川をスピードボートで4時間上り、
シェンコックという村に到着。

ラオスには川の移動として、ゆっくり型のスローボートと
高速型のスピードボートの2種類があるけど
このスピードボートというやつはすごかった!!
まず乗客はヘルメットとライフジャケットを着用する。
ボートには巨大なエンジンがついていて、
けたたましい爆音と共に猛スピードで水面を滑るように走る。
まるで競艇のようと聞いていたけど、まさにその通り。
でもそんな猛スピードの中、あきこは居眠り・・・。

途中、タイ・ラオス・ミャンマー3カ国の国境が交わる
ゴールデントライアングルも見ることができ、なかなか楽しかった。
ただこの時に短パン・半そでだったため、日焼けで膝や腕が火傷状態に。

20060928-04.jpg
シェンコックからはタイにもよくあった
乗り合いソンテウに3時間乗り、ムアンシンへ。
このソンテウ、タイでは舗装された道を走っていたので
問題なかったけど、ここでは3時間ずっと未舗装の道を走る。
トラックの荷台に椅子と屋根をつけただけなので、砂煙がすごい。
スピードを上げて走っているときは、後ろに流れていくからいいんだけど
スピードを緩める度に車内に砂が充満。
もちろん体も荷物も砂まみれ。

でもこの辛い3時間がまたまたかなり楽しかった。
民族衣装を着た様々な部族の人、裸で水浴びをする子供たち、
水牛・黒豚・でっかいニワトリ・アヒルなどの動物たちが次々に現れる。
そしてなんといっても、子供たちが手を振ってくれるのがいい!!

ラオスは交通機関があまり発達していないため、
移動がちょっと大変そうだけど、
その代わり町は素朴でな~んかいい感じ。
ここムアンシンも小さな村(ラオスの中では大きい町?)だけど
様々な民族の人が行き交っている。

ただ飯はタイの方が良かったなぁ・・・。

by ゆーき
別窓 | ラオス | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
メコン川を眺めながら
2006-09-23 Sat 21:40


タイでクーデターが起きたそうで、
バンコクでは戦車が出動している姿がテレビに映っています。
その影響でミャンマー国境はクローズしているらしい。
でもラオス国境は大丈夫ということなので
予定通りラオスへ向かうことに。
パイを出発しチェンマイでバスを乗り継ぎ、計11時間。
やっとラオス国境の町、チェンコーンに到着。

せっかくなのでriver viewでテラス付きの部屋をチョイス。
メコン川を挟んだ向こう岸はラオス!!
茶色く濁った川の向こうではどんな人が生活しているのか、
どんなものを食べているのかと考えただけでワクワクする。
夜になると向こう岸から陽気にカラオケをしている音が聞こえる。

明日は遂にラオス!!
メコン川を眺めながらラオスに期待膨らむ一日でした。

by あきこ
別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:1 |
パイの宴
2006-09-20 Wed 21:26


チェンマイで出会ったタケ君から
「MOON VILLAGEという日本人村にいるトロンさんに会うといいよ」
と言われていたので訪ねてみると早速発見!!
トロンさんはドレッドヘアーのおじいちゃん。
なんでも今日ジュン君という人の誕生日会があるらしく、
「おいでよ」とのこと。
他にもいろんな人が来るらしいので、お邪魔させてもらうことにした。

囲炉裏を皆で囲み、誰かがポイをやりだせば、
トロンさんが太鼓を叩き、それに合わせて周りの人が
笛や思い思いに持ち寄った楽器で演奏を始める。
しかも料理人のタケ君とジュン君が作った料理は最高においしい!!
すごく素敵な時間を過ごせた。皆ありがとう☆

by ゆーき&あきこ
別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
デカイぞぅ
2006-09-20 Wed 21:13


メーホーンソーンからバスで2時間半。
チェンマイからのバスで出会ったタケ君お勧めのパイに到着。
パイの町中は異常に観光化されている。
村といってもいいぐらいの小さな町なのに、
外国人旅行者向けのレストランやゲストハウスがいっぱい。
町中を歩いているのはほとんど外国人。

バイクで久々の温泉に向かった。
温泉に着くちょっと手前、象が向こうからやってくる。
動物園でよく見るアフリカ象より若干小柄だが、それでもでかい。
乗ってみたくなり、その辺にあったエレファントキャンプに行った。

小雨の降る中、まずはジャングルへ向けて出発。
象の背中に直接座ると、歩くたびに象の背骨が尻に食い込む。
それに我慢しながら、象は急な坂道を登ったり降りたり。
途中でお腹がすいたのか、その辺に生えている木と
同じくらい太い草を「バキバキッ」と引きちぎり、
ムシャムシャ食べながら進む姿が可愛らしい。

川に到着し、ここで象と一緒に水浴び。
調教師が合図する度に象は俺たちを振り落とす。
それを20回ほど楽しんで1時間のエレファントライドは終了。
象の背骨ゴリゴリが辛かったけど、かなり楽しい1時間だった。

その後にはお目当ての温泉に向かったが、
異常に高い外国人料金が設定されていた。
それなら宿のホットシャワーでと思い、温泉はやめ
泥水まみれの洋服のまま宿に戻った。

by ゆーき
別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
CHANG Light
2006-09-19 Tue 17:18


「Light」というだけあって、CHANGよりも軽~い飲み口。
後味や苦味もほとんどなし。
ゴクゴクいけますっ!!

お気に入り度:★★
別窓 | 世界のビール | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
パドゥン族の女性
2006-09-18 Mon 17:13


タイのメーホーンソーン近くの村に住むパドゥン族の女性。
日本では「首長族」として知られている。
首に金色の輪っかを巻いていて、首が長~いんです。
別窓 | 世界の人々 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
首が長~い!!
2006-09-18 Mon 16:54
20060921-02.jpg
メーホーンソーンに来た目的はただ一つ。
首の長~いパドゥン族に会いにいくこと。
土砂崩れが起きたばかりの道や川の中を通ったり
道に迷いながらもバイクで走ること約1時間、やっと村に到着!!

村に入ってみたものの、他に観光客もいなく
どうしていいか分からずオロオロ。
来てはいけない所に来てしまったような気がしてならない。

少し歩くと、ついに首に輪っかを巻いた女性を発見!!
でもあんまりジロジロ見るのはなんか失礼な気がするし、
かといって目を逸らすのもなんかわざとらしいし・・・。
(だって私たちがそれを見に来ているのを向こうも知っているはずだし)

どうすればいいんだぁ~!!と思いながらも
所々にある土産物を見ながら、村の奥の方まで入っていくと
写真の女性が「まぁ、ここに座って」と話しかけてくれた。
「これを巻いてみる?」と言うので、金色の輪を首に巻いてもらい、
これで私もパドゥン族☆


これで緊張もほぐれ、他の人たちともコミュニケーションを
とりながらさらに奥に行くと、学校を発見。
年齢別に7~8クラスに分かれて子供たちが元気に勉強をしている。
騒いでいる子供たちを先生が注意している姿は世界共通だ。
なにか微笑ましい。
授業に集中しないで私たちの方を見ている子供がいるので、
あまり邪魔しても悪いと、そそくさと退散。

他にも写真を撮らせてもらったり、楽器の演奏を聞かせてもらったりと
なかなか充実した時間を過ごせ、満足満足!!

by ゆーき&あきこ
別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
同志発見!!
2006-09-17 Sun 21:44


スコータイからチェンマイへバスで移動し、チェンマイで1泊。

そして今日、チェンマイのバスターミナルでメーホーンソーン行きの
チケットを買っていると、タケ君という日本人旅行者と出会った。
彼はフランス料理のコックをしているそう。
そしてなんと、俺らとほぼ同じ時期に日本を出発し、
世界一周をしているらしい。

今からチェンマイとメーホーンソーンの間にあるパイに
友人の結婚式の料理をつくりに行くということで、同じバスに乗った。
タケ君によると、パイはなかなかいいところらしく、
俺たちもメーホーンソーンの次はパイに行くことに決定。
タケ君はパイでバスを降り、再会を願って別れた。

パイからさらに3時間。
土砂崩れの跡や仮設の木でできた橋を通って
メーホーンソーンに到着。
明日はバイクを借りて周辺を散策だ!

by ゆーき
別窓 | タイ | コメント comment :2 | トラックバック:0 |
スコータイ遺跡で遊んでいた少年
2006-09-15 Fri 21:13


タイのスコータイ遺跡内の池で遊んでいた兄弟。
魚を捕まえたり水遊びをしていた。
無邪気に遊ぶ姿がかわいく、写真を数枚撮らせてもらったら
「20バーツ!!」とお金をせびってきた。
もちろんお金は渡さず、代わりにおやつをあげた。
「ありがとう!!」と喜ぶ顔がかわいい。
でも帰り際にもまたお金をせびってきた。
なんとなく、切ない・・・。
別窓 | 世界の人々 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
さよなら、アチャナ仏
2006-09-15 Fri 21:05


スコータイの遺跡をバイクで見て周りました。
ここはアユタヤよりも保存状態が良く、
仏像もきれいに残されていました。
なかでも一番気に入ったのは、写真の「アチャナ仏」。
石の壁に囲まれ、空間のほとんどを埋め尽くす巨大さにビックリ!!



遠くからみると、仏像が壁の隙間からこちらを見ているようで
なんとなく帰りづらく、後ろ歩きで名残惜しみながら去りました。
「さよなら、アチャナ仏。さよなら・・・」
傍から見ると変な人だったかな?まあ、いっか!!

by あきこ
別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
スコータイの屋台で働く女の子
2006-09-14 Thu 22:13
20060914-09.jpg

スコータイの屋台で働くホーンという名の女の子。
「ひよこ」と書いてあるTシャツを着てます
屈託のない、かわいらしい笑顔に魅かれ
今日はここで夕食をとることに
一緒に写真も撮ってもらいました
隣で酔っ払い気味の私ですが、
そんな彼女の素敵な笑顔で
とても澄んだ気持ちになりました。
笑顔って、いいね
別窓 | 世界の人々 | コメント comment :4 | トラックバック:0 |
水浸し
2006-09-13 Wed 20:36
20060914-08.jpg

ピッサヌロークからバスで1時間半。
世界遺産の遺跡があるスコータイに到着。

タイ北部は大雨による影響で、色んな所で洪水が発生。
スコータイに来るまでの道でも道路の両側は湖のようになっていて、
家や車が水の中に浸かってしまっていた。

スコータイ街中の寺院も水浸しでこの写真のような状態に。
明日は果たして無事、遺跡に辿り着くのだろうか・・・。

by ゆーき
別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
空飛ぶ野菜炒め
2006-09-12 Tue 22:14
20060914-06.jpg

今日はピッサヌローク名物の「空飛ぶ野菜炒め」にチャレンジ。
調理場から7~8m離れた車の上で朝顔菜の炒めものをキャッチし、
それを食べられるというもの。
注文した客も野菜炒めのキャッチにチャレンジできるとのことで、
もちろん俺もトライ。

注文してからドキドキして待つこと5分。
銅鑼が「ゴーン!」と鳴らされ、いよいよ俺の出番。
皿を持って車の上にあがりスタンバイ。

調理人が野菜炒めを背面投げ!
野菜炒めが空を舞い、日タイ友好の栄光の架け橋が!
そして見事キャッチ!
20060914-05.jpg
味の方もなかなかおいしく、今日は満足満足。

by ゆーき
別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ブヒブヒブ~ヒブヒ
2006-09-11 Mon 21:01
20060914-02.jpg
アユタヤからバスで5時間程、ピッサヌロークという町に到着。
市場を物色していると、野菜・果物・魚・衣料品、
そしてなんとブタの顔
写真を撮って逃げるようにその場を立ち去った
あ~キモイ

20060914-03.jpg
ピンクの卵を発見!!
塗料が塗られている様子。
気になったので聞いてみると、
これは砂糖のようなものがついている甘い卵で
黄身は黒いそうです。
飾りみたいだけど、ちゃんとした食用でした

by あきこ
別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Kaow Pad カーオ・パッ
2006-09-11 Mon 14:56
ayutaya20060914-01.jpg
タイ風焼き飯。
といっても特にクセはない。
基本の具は卵・肉・野菜。
ライムをかけて食べるとさっぱりしておいしい!!

ayutaya20060911-03.jpg
アユタヤで泊まったときによく通った食堂。
店のおばちゃんが「アローイ!!」と勧めるご自慢の一品。
別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Happy仏陀
2006-09-11 Mon 14:55
penang20060911-01.jpg

マレーシアのペナンにある極楽寺に向かう途中の土産物屋で購入。
うほほ~いと金の玉を持ち上げて喜んでいる
仏陀の笑顔に負けて衝動買い!!
金の玉はお金を、ぽっこり出たお腹は満腹を表し、
幸せを意味するそう
別窓 | こんなもの買いましたぁ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
マレーシア・ブルネイ安宿情報
2006-09-10 Sun 21:57


安宿情報第2弾。
今回はマレーシアとブルネイで宿泊した安宿について紹介します。
基本的にシャワー・トイレ共同のダブルのファン付きルーム
(エアコンなし)に泊まることが多いです。

<マレーシア・ブルネイの安宿について>
・インドネシアに比べて全体的に綺麗。
・意外に大陸側よりボルネオ島側の方が高かったりする。
・ブルネイはあんまり安宿がない。
マレーシア・ブルネイ安宿情報の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【アジア】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
アユタヤ
2006-09-10 Sun 21:24


チャリンコでアユタヤの遺跡を巡ってきました。
この旅始まって2つめの世界遺産。

アユタヤは街中に忽然と遺跡が現れ、中に入っていくと
そこだけ時が止まったように感じられる。
バンコクとは真逆の世界にしばし茫然と見ていました。
こういった、ゆったりとした時間の流れに
身を任せることに安らぎを感じるようになったのは
自分が年をとったからか(といってもまだ20代だけど)
それともバンコクの喧騒からやっと逃れられたからかは
分かりませんが、アユタヤの遺跡良かったです

5年くらい前にも来たことがあるけど、
そのときはツアーだったので
単に遺跡に連れて行ってもらってる感じでした。
でも今回は自転車で遺跡の周りも行ってみたら
きれいな蓮の池を見つけたりと、
また違ったアユタヤを発見できたような気がします。
アユタヤに行かれる方は是非自転車で

by あきこ
別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Mod Tod Kra Tiam ムー・トー・クラティアム
2006-09-10 Sun 19:40


タイのアユタヤの食堂にて。
豚肉をニンニクと白コショウで炒めたもの。
白飯と一緒に。
ビールに合うよ
別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
バンコク脱出
2006-09-09 Sat 20:45


バンコクからバスで2時間弱、アユタヤに来ました。
やっとバンコクの渋滞と暑さから逃れられ、ほっとした気分。

ここは静かで、宿もゆったりしていて快適!
明日はチャリンコでも借りて、遺跡巡りでもするか?

by ゆーき

P.S 壊れていた携帯はFOMAカードを差し替えて、昨日やっと回復しました!!
(相変わらずiモードはつながりにくいけどね。)
父の会社のバンコク事務所の方々、ありがとうございました。助かりました。
by あきこ

別窓 | タイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Pat Tai パッ・タイ
2006-09-09 Sat 20:22


4種類の麺と野菜と卵を炒めたもの。
日本の焼きそばに近いがもっとまろやかな味。
小腹がすいたときに最適☆



タイのカオサン通りの屋台にて。
仲良し夫婦が愛情込めて作ってくれたパッ・タイは激ウマ!!
別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
| 世界一周 ~Feel The World~ | NEXT

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。