2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
Claypot Bean Curd
2006-08-31 Thu 18:50


マレーシアのペナン島にて。
厚揚豆腐や野菜、肉を醤油と味噌を合わせたような
味のタレで土鍋で煮込んだもの。
白飯との相性バッチリ
中華バンザイ
スポンサーサイト
別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
深夜特急を辿って
2006-08-31 Thu 17:41


ペナン島に到着!!
ここに来るきっかけとなったのは、バックパッカーのバイブルとも
言うべき『深夜特急』で、沢木耕太郎が訪れた地だから。
そして大沢たかお主演で映画化され、
その舞台となったのが写真の「アー・ベン・ゲストハウス」。
宿の前にデカデカと看板が掲げられています。
うちらは同じバトゥ・フェリンギにある弁慶民宿に宿泊。

ペナンは雨季真っ盛り。
一日中ほとんど雨が降っている。
バトゥ・フェリンギは海以外、特に見る所がないので
泊まってもいない高級ホテルのプライベートビーチで勝手にのんびり。
ただでリゾート気分を味わえたのでした!!

by あきこ
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
今日の出来事
2006-08-29 Tue 22:54


今日はキャメロン・ハイランドをぐるりと周ってきました。
ローズガーデンやストロベリーファーム、バタフライガーデン、
養蜂場、ティー・ファクトリーなど。

ローズガーデンはお花がたくさんあってキレイ!!
丘の上から見た景色は一面、紅茶畑。
でもなぜかローズはあまり見当たらず。
ストロベリーファームでは、まだ赤くない苺だけ
近くで見れました(苦笑)
バタフライガーデンでは、物珍しい昆虫を見たり触ったり。
でも蝶々をゆっくり見る時間がほとんどなく・・・。
養蜂場はコメントの余地なし。
ティー・ファクトリーでは紅茶畑を見ながら
マンゴーフレーバーティーを飲み、いい気分でした。

おしまい!!

by あきこ
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ここは軽井沢!?
2006-08-28 Mon 18:34


キャメロン・ハイランドに来ました!!
ここは「マレーシアの軽井沢」と称される高原避暑地。
昼間でも結構涼しいです。
街中も宿もどこかヨーロッパのような雰囲気。
それでいて、なぜか日本の高原避暑地のような感じもする。

宿には花が溢れる広い庭があって、のんびりするには最適!!
キャメロン・ハイランドで採れる紅茶を飲みながら
読書をするという、贅沢な時間を過ごしています。

by あきこ
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
で、でかい・・・
2006-08-27 Sun 18:11
malaysia0009.jpg

今、クアラルンプールは雨季らしく、夕方になると毎日スコールです。
だから、一日の行動をそれに合わせて考えないといけない。
は~、めんどくさ・・・。

そんなことより、チャイナタウンでこんなにでかいカレーパンに出会った。
しかもこれで『小』!!
『中』はこれの2倍ぐらいの大きさ。
『大』はいつも店頭に置いていないので、
たぶん注文を受けてから作るのだろう。
どんだけでかいんだろ・・・。

by ゆーき
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
インドネシアのまとめ
2006-08-25 Fri 19:48


大変遅ればせながら、ここでインドネシアのまとめをひとつ

<ビザ情報>
空港到着時に取得可能。
7日まではUS$10
30日まではUS$25

<日程>
7/10 日本→デンパサール[バリ島] (飛行機で7時間)
    デンパサール→クタ (タクシーで15分)
7/12 クタ→ジンバラン (タクシーで30分)
7/14 ジンバラン→ウブド (ベモ&タクシーで1.5時間)
7/17 ウブド→ギリ・トゥラワンガン[ロンボク島] (バス&フェリー&ボートで9時間)
7/24 ギリ・トゥラワンガン→サペ[スンバワ島] (バス&フェリー&ボートで22時間)
7/25 サペ→ラブ・ハンバジョー[フローレス島] (フェリーで7時間)
7/28 ラブ・ハンバジョー→バジャワ (バスで12時間)
7/30 バジャワ→モニ (バスで12時間)
8/01 モニ→マウメレ (バスで3時間)
8/03 マウメレ→ジャカルタ[ジャワ島] (飛行機で2時間)
8/05 ジャカルタ→ポンティアナッ[ボルネオ島] (飛行機で1時間)
    ポンティアナッ→クチン【マレーシア】へ (バスで11時間)

<インドネシアBest3
1位  クリ・ムトゥ山
        三色のカルデラ湖と日の出がキレイ
2位  ソワ村近郊の温泉
        源泉が滝になっている。温泉に3時間も入っていた
3位  ウルワトゥのスルバンビーチ
        崖の下がサーフポイントになっている。
        崖に張り付くように店が並んでいて、雰囲気抜群!
        俺がもしサーファーだったらここでサーフィンしながら暮らしたい
別窓 | 各国のまとめ 【アジア】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
夜景最高!!
2006-08-25 Fri 18:18
malaysia0007.jpg

1ヵ月半かけて、やっと大陸「クアラルンプール」に到着!!
クアラルンプールといえば、ペトロナスツインタワー
ペトロナスツインタワーは世界で2番目に高いビル。

展望台に登ろうとお昼頃行ったものの、チケット終了のため登れず。
仕方なくKLタワーから夜景をパチリ
360度クアラルンプールを見渡せ、
ペトロナスツインタワーもバッチリ見えました
KLタワーの展望台は有料だけど、行く価値ありです

そして翌日、ペトロナスツインタワーの展望台に登るため
チケットの列に早朝から並び、今度こそ登ることができました!!
ゆーきは前に来たときに登れなかったそうなので、
5年越の想いが遂に実現☆
なかなか綺麗な景色でした

P.S クアラルンプールは都会なのにドコモの携帯が全くつながらず
   コタキナバルからずっと圏外のままだし、もしや壊れた
   ・・・と不安に思う今日この頃です。

by あきこ
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :2 | トラックバック:0 |
ダブルショック
2006-08-22 Tue 17:32
malaysia0008.jpg

今、コタキナバルです。
世界最大の花『ラフレシア』を見に行ってきました
しか~し、さすが幻の花と言われているだけあって、
開花してもわずか数日で枯れてしまうらしく、
出会うことはできなかった・・・
残念の思いを込めて、オブジェの前で記念撮影

その後はポーリン温泉へ
しか~し、こちらも大変ショボく、がっかり

次はいよいよ、クアラルンプール
やっと、大陸だー

by ゆーき&あきこ
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ウミガメの産卵
2006-08-21 Mon 19:39
malaysia0005.jpg

ウミガメの産卵を見に、セリンガン島にある
タートル・アイランズ公園に行ってきました。
ここはWWF(世界自然保護基金)も世界一と認めたウミガメの産卵地。
1ヶ月先まで予約がいっぱいでしたが、
なんとか旅行会社を探し回って行くことができました!!
(もし行きたい人は早めに予約したほうがいいよ。)

ウミガメは夕方から夜中にかけて、
砂浜に上がり穴を掘って卵を産み落とすそう。
でも何時に来るか分からないので、夕飯を食べながら
まだかまだかとウミガメを待ち続けます。
そしてビールの酔いがまわり、ウトウトした夜9時頃。
「タートル!!」という言葉に飛び上がり、急いで砂浜に・・・。
ウミガメがエイサエイサと穴を掘り、
そこに卓球ボールのような卵をポンポンと産み始めた!!
その数80個!!!!
よくもまぁ、そんなに産めるなぁ~。
卵は想像していたより重かったです。

卵は孵化場で地中に埋められ、約7週間で孵化するそうです。
孵化したベビータートルを海に戻す瞬間も見ることができました!
よちよちと砂浜から海に向かって一斉に歩き出したと思ったら
何頭かは砂浜に向かって歩いてしまったりと、なんだか心配・・・。
ベビータートルが成長して親ガメになる確立は1%だそうです。
自然環境は厳しいんだね。

ウミガメの産卵は1回しか見れなくて残念だったけど、
神秘的な瞬間を目にすることができて良かった!
ベビータートルが無事に大きくなりますように☆

by あきこ
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
オランウータン
2006-08-19 Sat 20:54
malaysia0004.jpg

「ボルネオといえば、オランウータン!?」と思い、
セピロック・オランウータン・リハビリテーション・センターへ。

ここは人間にペットとして飼われていたり、
森林伐採などの原因で母親を亡くしたり、
生き別れになったオランウータンを保護し、
森へ帰って自立できるようにトレーニングする施設。
野外保育園に移され、リハビリ中のオランウータンに
餌付けする所が一般公開されている。

餌付けの時間が近づくと、あちらこちらから
お目当てのオランウータンや猿が巧みにロープを伝って集まってきた。
あるオランウータンは木の側に座り、
近くにあった大きな葉っぱを足で取り、頭に置いた。
もしや日除・・・!?

そして餌付けの時間になり、係員がバケツにバナナを入れて持ってきた。
オランウータンは各々バナナを取り、ロープにぶらさがって
むしゃむしゃと食べはじめた。
ぶらさがり方もオランウータンによって様々。
見ていてホント飽きない(笑)
すごく驚いたのは、一番からだの大きなオランウータンが
「う~ん、これはちょっと・・・。これがいいな!」
という感じで、バケツの中に入っているバナナを選んでいるではないか!!
さすがオランウータン、かしこい☆

by あきこ
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:1 |
さよならブルネイ
2006-08-17 Thu 23:50
brunei0002.jpg

ブルネイはガソリンだけ「約30円/1リットル」と激安だけど、
それ以外の物価が高いので、2日間でおさらばです。

さよならブルネイ。
次はまたマレーシアへ。

by ゆーき
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ブルネイホスピタリティ
2006-08-17 Thu 19:40
やってきました3ヶ国目、ブルネイ!
ブルネイは石油がポンポンとれる為、東南アジアで最も豊かな国らしく、
車の所持率が一世帯に平均2台以上だそうだ。
たしかに、町中は他の東南アジアの国と違ってバイクの姿がなく、
家の駐車場にも複数台の車が停まっている。
町も整備されていて、
首都のバンダル・スリ・ブガワン(通称BSB)は規模こそ大きくないが、
ジャカルタやクアラルンプールより全然綺麗。
でもやっぱり町並みには東南アジアの雰囲気が漂っていて不思議。

brunei0003.jpg

そんなブルネイには王族が作った、
ジュルドンパークという東南アジア最大の遊園地がある。
期待して行ったけど、今ではかなり客が遠のいているらしく、
俺達が訪れた平日の夜はかなり寒い状況。
夢の「遊園地貸し切り」を堪能できたのは良かったけど、
めぼしいアトラクションはほとんど休みで
「なんじゃこりゃ!」って感じ。

brunei0001.jpg

そのかわり、アトラクションといえばBSBの水上集落へ向かう水上タクシー。
世界最大の水上集落の中を水上タクシーが猛スピードで走り、
町まで帰ってきたときにはジェットコースターから降りてきたときの気分。

でも一番印象に残ったのはブルネイの人の親切さ!
町中では尋ねてもいないのに、みんなが道を教えてくれようとするし、
ユースホステルの前で出会った李さんは
なんと、高速を使って30分ぐらいかかるジュルドンパークまで
車で送り迎えをしてくれた。
おまけに帰り際にミネラルウォーターまでくれる徹底ぶり。
周りにいた人たちには
「ブルネイ流のホスピタリティを見せてやるんだ!」と笑顔で言っていた。
おそるべしブルネイホスピタリティ。。。

by ゆーき
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
グヌンムル国立公園
2006-08-15 Tue 21:41


さて、この写真で山から空に向かって伸びている、黒い帯は何でしょう?
答えはあとで。。。

2泊3日でマレーシアに2つある世界遺産の内の1つ、
グヌンムル国立公園に行ってきました。
ここには世界一のものが2つ。

1つはキャノピーウォーク。
林間を渡って架けられた吊り橋としての全長が世界一だそうだ。
ジャングルの中を空中散歩しているようで、なかなか楽しかった。

もう1つはディアー洞窟。
世界最大の洞窟入口をもつ洞窟ということで、
そのスケールの大きさは圧巻。
でも中にはコウモリが沢山住んでいて、そいつらの落とした糞が臭すぎる!
しかも滑って転びそうになる。
ここで転んでしまうと、これが一番の思い出になってしまいそうなので、
かなり慎重に歩いた。

そろそろ上の答えが分かった人もいるでしょうか?
そう!
上の写真の黒いのは、コウモリの群れ!
なんでもこの洞窟には200~300万羽のコウモリが住んでいて、
夕方になると餌を求めて森へ飛んでいくらしい。
コウモリ達は螺旋状に固まって飛んでいくので、
まるで龍が空に向かって昇っていくように見える。

それにしても200万~300万という数字が最初は想像できなかったが、
この群れが1時間も続くというのを聞いて、
なるほど、想像を絶する数字だということだけが分かった。

by ゆーき
別窓 | インドネシア | コメント comment :2 | トラックバック:2 |
耳が長~い!!
2006-08-15 Tue 20:54


マレーシアのムルで出会ったお爺さんとお婆さん。
この部族の人は耳に穴があいていて、びろ~んと垂れ下がっています。
鼻で笛を吹いている




別窓 | 世界の人々 | コメント comment :2 | トラックバック:0 |
バジャワの男の子
2006-08-15 Tue 20:50


インドネシアのバジャワの飲食店で出会った男の子。
まつげがすっごく長くて可愛い
別窓 | 世界の人々 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Chicken Rice チキンライス
2006-08-15 Tue 20:41


マレーシアにて。
華人が多いため、中華料理のお店がたくさんある。
もともとは中華料理店で出されていたと思うが、今はどこでも食べられる。
鶏は焼いたものから蒸したものまであり選べる。
タレはお店によって味が違う。
2日に1回は食べてます


別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Tea Tarik テ・タリッ
2006-08-15 Tue 20:34


甘いミルクティー。
少し泡が立っている。
マレーシアでは、コレを飲んでいる人が多い。
あまりのおいしさに、毎日飲んでます

別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Nasi Campur ナシ・チャンプル
2006-08-15 Tue 20:28


チャンプルとは混ぜるという意味。
自分で好きな惣菜を選ぶお店が多い。
惣菜はスパイシーなものから、辛くないカレーまで様々。
一度にたくさん味わえて楽しい
インドネシアの代表料理
別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Mie Goreng ミー・ゴレン
2006-08-15 Tue 20:24


インドネシア風焼きそば。
甘辛のソースで味付けされている。
具は野菜と肉が多いが、シーフードを選べるお店もある。
日本人にとっては、わりと馴染み深い味

別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Nasi Goreng ナシ・ゴレン
2006-08-15 Tue 20:15


インドネシア風チャーハン。
目玉焼きやクルプッ(えび煎みたいな味の煎餅)がつく場合もある。
スパイシーなケチャップで味付けされている。
(マレーシアの「Nasi Goreng」は辛くないです。)
インドネシア料理の超定番

別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Mie Bakso ミー・バッソ
2006-08-15 Tue 20:07


肉団子が入った汁ソバ。
麺はそうめんくらいの太さで、そうめんよりは少し固い。
白と青の2種類の色の麺が入っている。
好みでスープにケチャップと甘辛のソースを入れる。
インドネシアの人は皆両方とも入れていた。

こんな屋台で売られています。
小腹がすいたときにはコレ



別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Sate Ayam サテ・アヤン
2006-08-15 Tue 19:57


インドネシア版焼き鳥。
甘いピーナッツソースがかかっている。
焼き鳥の香ばしさとソースがマッチ!!
匂いにつられて、ついつい買っちゃう

こーぞー君のリクエストにお応えして『世界の食べ物・飲み物』始めました

別窓 | 世界の食べ物・飲み物 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
インドネシア安宿情報
2006-08-11 Fri 20:38
PICT0047.jpg

インドネシアを安~く旅行したい人のために、
ここで自分たちが泊まった安宿を紹介します。
今後、各国の分も随時紹介していきます。

<インドネシアの安宿について>
・ほとんどの宿にテラスが付いていて、テーブルと椅子が置いてある。
そこで食事も可能。
・トイレットペーパーはない。
マンディと呼ばれる水溜場またはバケツに水を溜めておき、
その水を汲んで流す。
・田舎の方へ行くと電力供給の時間が限定されていたり、
よく停電になったりする。
・しょぼい宿だと水がすぐ止まる。
・全体的に汚い。(マレーシアに比べて)
・安宿は「ロスメン」or「ブンガロー」(バンガローって意味と思う)と
呼ばれている。
・提示料金に10%TAXが含まれているところと、
含まれていないところがあるので、注意が必要。
(下記は全てTAX込みの料金)
インドネシア安宿情報の続きを読む
別窓 | 安宿情報 【アジア】 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
超快適!
2006-08-11 Fri 19:59
クチンでは「B&B inn」という宿に泊まった。
マレーシア入国後初めての宿。
インドネシアの宿があまり綺麗でなかったのに比べ、
この宿はとても快適!
最初は2泊ぐらいの予定が、結局4泊もしてしまった。

典型的なバックパッカー宿って感じで、
シャワーやトイレは共同だけど、1つだけお湯の出るシャワーがあるし、
キッチンや冷蔵庫を自由に使える。
それになんといっても部屋がインドネシアに比べて綺麗!
でも1番の要因は、毎晩、屋上で涼みながらビールを飲めたことかも。。。

by ゆーき
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ニャ~!!
2006-08-08 Tue 20:04
PICT0040.jpg

クチンといえば「ネコ」ということで、ネコ博物館に行ってきました。
世界中のネコグッズを集めた博物館で、
日本の招き猫や『なめネコ』(めっちゃ懐かしい~!)が展示されていました。
特に面白くはないけど、なめネコを久しぶりに見れたからまぁいっか…。

そういえばクチンに来てから、やたらとオカマを見かける。

ネコといいオカマといい、クチンとは不思議な街だ…。

by あきこ
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ウツボカズラ
2006-08-07 Mon 18:44
PICT0034.jpg

バコ国立公園に行きました!
バスで1時間、ボートで20分くらい。

到着してすぐにテングザルを発見!!
毛がオレンジ色。長い手足で驚くべき跳躍力。
こんなにしなやかで素早い動きをする動物、初めて見た!!
この猿は世界中でボルネオにしかいないそうです。見れてラッキー☆
その後、3時間半ほど暑い中トレッキングをし、
最後の最後でやっとウツボカズラを発見!!面白い形だなぁ。
別名ピッチャープラントというそうです。形そのまんまの名前だね!
あと、口のまわりにワサワサとひげがついた、ヒゲイノシシも
なんとか見れました。愛敬があって可愛い☆

by あきこ
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
Tiger
2006-08-07 Mon 01:28
20060807013039

すっきりとした味わい。
コクがあまりなく、苦味が少し口に残る。
金色のラベルがかっこいい!

お気に入り度:★★★
別窓 | 世界のビール | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
マレーシア入国
2006-08-06 Sun 18:31
PICT0036.jpg

国境は何事もなく無事に通過でき、ついにこの旅2ヶ国目マレーシアに入国!
クチンの町は予想以上に栄えていて、インドネシアのどの町よりも綺麗。
ゴミもあまり落ちていないし、道も整備されている。
観光客もいっぱい。
クチンとは猫という意味だそうで、
町のいたるところに猫の銅像が立っている。
明日はクチンの北の方にあるバコ国立公園でジャングルトレッキングだ~。

by ゆーき
別窓 | マレーシア・ブルネイ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
インドネシア出国
2006-08-05 Sat 23:07
PICT0037.jpg

インドネシアVISAの期限30日が迫ってきたので、
そろそろ次の国へ出国しなければならなくなってきた。
次に目指すのはマレーシア☆

最初はスマトラ島からペナンへ抜けるつもりだったが、
マレーシアの大陸部分に興味をあまりもてなかった為、
「やっぱり秘境ボルネオでしょっ!」ってことで、
ボルネオ島に向かうことにした。

世界で3番目に大きな島、ボルネオ島は南半分がインドネシアで
北半分がマレーシアになっている。
ってことで、ルートは唯一インドネシアから陸路で出国できる、ポンティアナッ→クチン。
結構なマイナールートと思われ、
ポンティアナッの町にも国境にも外国人旅行社は皆無。
でも、そのおかげで、周りのみんなが親切にしてくれ、
バスに同乗していたおじちゃんが、
自分の食べていたランサッというフルーツを食べきれないぐらいくれた。
2~3個食べて、「ありがとう」と返そうとすると、
「何を言ってるんだ?全部やるよ」と言うので、
素直に全部もらっておくことにした。

by ゆーき
別窓 | インドネシア | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
スカルノハッタ空港にて
2006-08-05 Sat 13:03
20060805185841

いまジャカルタにあるスカルノハッタ空港にいます。
これからADAM AIRというマイナーな飛行機(RP370000)で
カリマンタンのポンティアナッに向かい、そこからバスでマレーシアのクチンに行く予定。
ボルネオではウミガメの産卵とかテングザルとかオランウータンなどを見れるらしい。
楽しみだな♪

by あきこ
別窓 | インドネシア | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
| 世界一周 ~Feel The World~ | NEXT

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。