2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
コパン遺跡
2008-09-27 Sat 10:37
20080919-14.jpg

遺跡の宝庫中米で最後に訪れたのはホンジュラスのコパン遺跡。
ここは保存状態の良い石碑や神殿の階段が有名。
グアテマラ国境から十数キロしか離れていないので、
グアテマラを周る途中で立ち寄った。

チケット売り場でチケットを買い、入り口に向かうと
ジャングルの奥から
「クエーッ!クエーッ!」
と異様な鳴き声が聞こえてきた。
な、なんだ!?
と思ってよく見ると、赤黄青の三原色に彩られた
なんともド派手な鳥が登場した。
ここで餌付けでもしているのか
この巨大な鳥が見渡す限り十数羽もいる。
後で知ったんだけど、この鳥は「グアカマヤ」って名前らしい。

20080919-15t.jpg

グアカマヤ三羽がバサバサバサッと
飛んでいった方に進むと遺跡に辿り着いた。
中米の他の有名遺跡は大きなピラミッドの形をした神殿が
主役だけど、ここの主役は石碑。
他の遺跡ではレリーフとかあっても
ほとんど消えかかっていたりする。
でもここのは彫りが深く、くっきりした大きな彫刻の石碑が
でーんと立っている。

20080919-16.jpg

もう一つ凄いのがこのコパン王朝の歴史を記した63段の階段。
これには圧倒された。

ティカル遺跡同様入場料はちょっと高かったけど
見応え十分な遺跡だった。

by ゆーき
スポンサーサイト
別窓 | ベリーズ・ホンジュラス | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
マナティに会うために(後編)
2008-09-27 Sat 04:06
20080919-04.jpg
サン・ペドロにあった実物とだいぶ違うマナティの像。
実物はゴマちゃんみたいな優しい顔で、これと比べ物にならないほど可愛い!!


前日マナティを見れなかったので、
こうなったらダイビングなんてやってる場合じゃない!
ってことで、翌日もう一度マナティを見に行くことにした。
もう失敗は許されない!
今度は確実に見たいと思って、旅行会社をまわっていたら、
モーターボートで行く会社が
「もし往路でマナティを見れなかったら、復路でもチャレンジする」
と言ったので、ここに賭けてみることにした。

ドキドキしながらコーラルガーデンに到着し、海に入る。
なかなか見つからない。
と思ったら、ガイドから「止まれ!」との合図が。
ガイドの指す方を見るとマナティがこっちにやってくる!
マナティを刺激してはいけないので、
マナティの前では動いてはいけない。
マナティは俺達のすぐ横を綺麗なドルフィンキックで
優雅に通り過ぎていく。
ついに見れた!!

マナティが通り過ぎたので、後ろから追いかける。
あんなにゆっくりと体をくねらせているだけなのに結構速い。
ジンベエザメより速い。
必死に追いかけるけど、なかなか追いつかない。

するとガイドからまた「止まれ!」の合図。
マナティがゆっくり方向転換して、こっちに戻ってきた。
今度は俺のすぐ下を通り過ぎていく!
対面できるとは思ってもいなかったから感激!

今のはもしかしたら夢だったのでは?
マナティが行ってしまった後、
しばらくぼーっとしてしまった。

それにしても運良くマナティがこっちに戻ってきてくれて良かったなぁ
なんて考えていて、ふと気がついた。
どうやらこの場所は両サイドがこんもり珊瑚の山みたいになっていて、
その間の狭い水路のようなところを
このマナティは行ったり来たりしているようだ。
ん!?
ということは、ここで待っていればまたマナティが戻ってくるのでは?

ガイドは既に違う場所で他の生き物を紹介しだしていたけど、
そんなのよりマナティだ!
と思って、さっきの場所に戻ってみた。
すると、やっぱり来た!
うぉ~!!
こっちから近付きたいけど、近付いてはダメ。
もどかし~!

あ、マナティが俺の前で止まった!
5秒ぐらい止まって、なんと手を振って行った!!!
第三者の視点で見ると、方向転換の為に片方のヒレだけを
パタパタさせたと見えなくもないけど、
ここは言わせてもらいます。

マナティが手を振った!

無事マナティも見れたし、シュノーケリングでここにいる
ほとんどの生き物も見れたので、結局ダイビングはしなかった。
有名なブルーホールもダハブで見たし。

ちなみに、セイリングボートで行ったのは「Sea Hawk」って会社。
他の会社より安かった。
客も多くて人気。
マナティは見れなかったけど、セイリングボートでのんびりできて
なかなか良かった。
モーターボートで行ったのは「Hicaco Tours」って会社。
マナティを見たいなら、ここみたいに2度チャレンジしてくれるところで!

by ゆーき
別窓 | ベリーズ・ホンジュラス | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
マナティに会うために(前編)
2008-09-27 Sat 03:38
20080919-03.jpg
キーカーカーのメインストリート

中米の小国ベリーズに初めて興味を持ったのは、
モザンビークでダイビングをしたとき。
世界中で300回ダイビングをしているというオーストラリア人夫婦に
今まででどこが一番良かったかを聞いたら、
ベリーズのブルーホールと答えた。
その後、ベリーズではマナティも見れると知って、
「これはぜひ行くしかない!」
ってなった。

ベリーズはダイビングとシュノーケリング以外、
特に有名な見所がない小さな国なんだけど、
なにせお金がかかる。
ビザ代50USDに、出国税18.75USD。
ブルーホールへのダイビングは190USDするし、
マナティツアーは60USDぐらいかかる。

でもやっぱりマナティは見たい!
ってことで、バックパッカーの集まる
キーカーカーという島までやってきた。

20080919-06.jpg

島には夕方着いたので、翌朝さっそくマナティを見に行くことにした。
キーカーカーでマナティを見るポピュラーな方法は2通り。

1つ目は、その名も「マナティツアー」と呼ばれるもの。
マナティ保護区に行ってマナティを見るので、
マナティを見れる確率は最も高いけど、
保護区なだけに船の上から見るだけ。
数分に一度水面に息継ぎに上がってくるので、それを見る。
料金も60USDと割高。
俺達はぜひとも海の中から見たかったので、これはパス。

2つ目は、ホールチェン海洋保護区へのシュノーケリングツアー。
ここへ向かう途中のコーラルガーデンという所に
よくマナティが出没するので、ここでもシュノーケリングをして
マナティを探すというもの。
マナティを見れる確率は下がるけど、海の中から見れるというので
こっちで行くことにした。

このシュノーケリングツアー、会社によってセイリングボートを使うところと
モーターボートを使うところがある。
セイリングボートの方は昼食付き、モーターボートの方は昼食は付いていない。
料金は同じ(何れも40USDのところと45USDのところがあった)なので、
昼食付きのセイリングボートの方にした。

セイリングボートといっても、小さいモーターが付いている。
往路は逆風だったので、モーターでマナティのいる
コーラルガーデンに向かう。
45分でコーラルガーデンに到着し、早速シュノーケリング。
しかし、探せども探せどもマナティは見つからない。
結局そのまま時間切れ。
ガーン!!
そういえばモザンビークのジンベエザメのときも1日目は見れなかった。
こういうときの運がないなぁ。

20080919-05.jpg
ボートにうじゃうじゃ寄ってくるサメ

その後の2ヶ所ではサメやエイがうじゃうじゃ見れて、
触ることもできたし、海ガメも見れたけど、
マナティを見れなかったショックから立ち直れないままツアーは終了。
翌日はダイビングをするつもりだったけど、
それどころではなくなってしまった。

by ゆーき
別窓 | ベリーズ・ホンジュラス | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。