2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
アルベロベッロ
2008-06-04 Wed 05:47
20080716-90.jpg

アルベロベッロには「トゥルッリ」というとんがり帽子の家がある。
バーリから電車を使い、日帰りで行ってきた。
結構楽しみにしていたけど、雨が降り空はどんより。
傘をさしながら小さな町を歩いた。

20080715-35.jpg

とんがり帽子の屋根には、白い文字でなにやら書いてある。
これは宗教的なものらしい。
今でももちろんこの家に人々は住んでいるんだけど、
お土産屋さんになっている家も多かった。

遠くから見ると、白壁とグレーのとんがり屋根がたくさんあって
そこだけ不思議な一帯に見える。
見た目もいいけど、「アルベロベッロ」という名前がイタリアっぽくていい感じ。

by あきこ
スポンサーサイト
別窓 | イタリア・バチカン | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
叫ぶナポリタン
2008-06-03 Tue 04:40
20080715-30.jpg

ナポリタン(ナポリ人)はイタリアにありながら、
イタリア人と言葉も気質も違う。
下町情緒溢れ、お洒落な感じはあまりない。
むしろ生活臭さが出ている。

路地に置いてある大きなゴミ置き場からはゴミが溢れ、
道端にたくさん落ちている。
生活感溢れる路地を歩けば、ナポリタンが何やら叫んでいる。
怒っているのか声が大きいのか分からないけど、
なぜか叫ぶナポリタン。

ホームステイ先の家に泊まっていたフランス人は
その叫び声を録音して何を叫んでいるのか、
なぜナポリタンは叫ぶのか研究しているらしい。
興味深い研究内容だ!

電車に乗ると、海水浴に行くナポリの若者が大勢いてほぼ満員。
しばらくするとトンネルの中で電車が止まった。
電車はなかなか動かない様子。
するとドア付近にいた若者が奇声をあげてドアを壊し出した。
「ゴンゴン」
「ケェーーー(奇声)」
「バターン」
動物園よりひどい。

ドアの窓ガラスはとれ、トンネル内の線路の上を奇声をあげながら走る若者。
周りの若者は面白がって口笛を吹いて盛り上げちゃったりしている。
次はなにをしだすか分からないこの馬鹿な若者と真っ暗なトンネル内、
そして満員電車でだんだん息苦しくなり、心底ナポリが嫌になった。

だいぶたってからやっと電車は動いたが、逆方向に戻っていった。
2つ先くらいの駅で降ろされ、電車を見るとほとんどのドアが壊されていた。
こんな使い物にならない電車にされて、鉄道会社はたまったもんじゃないだろうな。

その後商店で買い物したり、レストランでピザを食べたりしているうちに、
ナポリの人々は他の町以上に人情味溢れることに気付き、
だんだんナポリを好きになっていった。
ナポリはいればいるほど面白い町かもしれない。

by あきこ
別窓 | イタリア・バチカン | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
青の洞窟
2008-06-02 Mon 05:59
20080715-29.jpg

一度は行ってみたかった青の洞窟。
ナポリからフェリーとバスを乗り継いで、やっと洞窟まで辿り着いた。
波が高いと洞窟内に入れないそうなので、
「ここまで来て入れなかったら、かなりショックだね」
なんて心配していたが、今日は運良く入れそう。ラッキー!!

20080715-28.jpg

手漕ぎボートに乗り、いざ洞窟内へ。
洞窟の入り口は確かに高さが低く、
身をかがめないと入れない。
ほぼ寝転ぶような姿勢で洞窟の入り口を通り抜け、
上体を起こすと、そこには水色の空間が広がっていた。

20080715-27.jpg

なんて表現したらいいのか・・・。
透き通る水色はつややかな輝きを放ち、洞窟の外にある水と
とても同じとは思えない。
神秘的な空間。

下を覗くと白い底が見える。
わりと浅いようだ。
洞窟の天井部分もぼんやりとうっすら水色になっている。

ボートは狭い洞窟内を一周して外に出るので、
幻想だったかのようにあっという間に終わってしまった。
今日は曇りだったので洞窟全体が青くなることはなかったが、
見れて良かった!

by あきこ
別窓 | イタリア・バチカン | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ポンペイ遺跡
2008-06-01 Sun 05:41
20080715-24.jpg

ヴェスヴィーオ火山の噴火により火山灰の下に埋没した古代都市ポンペイ。
その規模は予想以上に大きかった。

20080715-25.jpg

真っ直ぐに延びる石畳の道、それに沿って並ぶ家々、
石畳の道に残る車輪の跡、調理釜、壁に描かれた絵などから
人々の暮らしが目に浮かぶ。
古代とはいえ、整備された街や建物のレベルの高さに驚いた。

20080715-26.jpg

灰をかぶった大人や子供の死体もあった。
体制が生々しくて、見入ってしまった。

by あきこ
別窓 | イタリア・バチカン | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
さすがローマ!
2008-05-30 Fri 04:33
20080629- 027

ローマは遺跡の宝庫。
他の国では見どころになりそうな遺跡が街中にゴロゴロある。
さすがローマ!

教科書に出てきたコロッセオは思ったより大きかった。
今まで他の国で何度かコロッセオを見てきたけど、
ローマのが一番良かったかな。
バスで街中を走っていると、
さっき見たはずのコロッセオがまたあった。
「あれっ!また戻ってきたのかな?」
なんて思ってよく見ると、違うコロッセオだった。
このコロッセオも大きくて、なかなか立派。

20080629- 028

「トレウ゛ィの泉」は水の色が綺麗だし、
彫刻が雰囲気を出していて良かった。
「後ろ向きにコインを泉に投げ入れると
再びローマを訪れることができる」
という言い伝えがあるらしい。
ゆーきは7年前ここに来たとき同じように
コインを投げ入れたみたい。
ということは、うちらはまたいつかローマに来るのかな?

by あきこ
別窓 | イタリア・バチカン | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
| 世界一周 ~Feel The World~ | NEXT

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。