2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
族の友達
2007-12-13 Thu 22:50
20071221- 27

ジンカからバスで1時間半程のところにあるカイアファールでは
木曜マーケットが開かれる。
そこにバンナ族やサマイ族が来るらしい。

早朝いつもの席争奪戦をしながらジンカからバスに乗り込む。
カイアファールに着いたはいいが、
早く着きすぎてマーケットはまだ始まっていなかったので、
朝食も兼ねてカフェで時間を潰すことに。

「うわっ」
カフェに入った途端、思わず出たこの言葉。
いや~衝撃的だった。
だってカフェにいる客のほとんどが族なんだもん。

「族カフェだぁ!」
みんな頭に羽をつけたり、ビーズのアクセサリーをつけたりしている。
うちらは族が珍しいけど、族もうちらを珍しがっていて、お互い好奇の眼差し。
ウケル(笑)

暫くすると、英語を少し話せる族が入ってきた。
彼(メコンネ)はハマル族。
その友達(ハイラ)はバンナ族。
バンナ語を教えてもらっているうちに仲良くなり、
彼等と一緒にマーケットをまわることになった。

マーケットに行く道すがら、彼等の友達(バンナ族)にたくさん会う。
その度に教えてもらったバンナ語で挨拶をする。
すると相手は驚きながらも嬉しそうに挨拶を返してくれる。
族と心の距離が縮まる。

20071221- 24

マーケットではコーヒーや衣服、ビーズ、ラジカセ、木彫りの椅子、
ひょうたんで出来た入れ物などが売られている。
木彫りの椅子は、族がいつも持ち歩いているもの。
椅子として、また就寝時には枕代わりとして使えるそう。
取っ手がついていて、持つ運びしやすくなっている。
族はひょうたんに入れた蜂蜜やバターを売り、コーヒーやビーズなどを買って帰る。
ビーズは彼等のアクセサリーとして必需品。

20071221- 26

途中マーケットの中にある出張カフェでシャイ(紅茶)と揚げパンを食べた。
そこにいた女の子たちは、私の髪を「触らせて!」と嬉しそうに触ってくる。
アフリカの人は髪がくるくるしているからストレートヘアが珍しいのかな。
それにしても髪を触らせてほしいと言われたのは、旅に出て以初めてだなぁ。

マーケットを歩いていると、子供たちが手をつなぎたがってくる。
気づくと両手は、土がたくさんついた子供たちの汚れた手でふさがっている。
アフリカの子供はとても人なつっこい。

20071221- 25

マーケットにも族にも満足し、昼頃カイアファールを去ることにした。
別れ際、何度もお礼を言う私たちに、別れを惜しむように寂しそうな表情をするメコンネ。
メールも携帯もない彼等にどうやって恩返しをすればいいのだろう。
バスに揺られながら考えたけど、その答えは見つからぬままジンカに辿り着いた。
また素敵な出会いに巡り会えた。

by あきこ
スポンサーサイト
別窓 | エチオピア | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
ラリベラ
2007-12-05 Wed 23:33
20071221- 38

ラリベラは日本でいうところの京都のようなところ。
かつて王国の首都があったところで、
第2のエルサレムを目指して岩窟教会群が造られた。

エチオピアに来たのならやっぱりこれは見ておかないと!
でも移動が大変。
悪路を2日間バスに乗らないといけない。
迷った末、やっぱり行くことに。

エチオピアの長距離バスはほとんどが早朝6時発。
しかも前日にチケットを買っても席指定がないので、
5時のバスターミナル開門と同時に席争奪戦をしないといけない。
ってことは4時ぐらいに起きないといけない。

他の旅行者から少しそういう話も聞いていたけど、
チケット売り場のおばちゃんに何時に来ればいいか聞いたら、
5時半で大丈夫って言うから、
5時半にバスターミナルに来てみた。

すると案の定、バスの周りは黒山の人だかり。
みんな真っ黒でしかも日の出前だから、
これこそ本当の黒山!

バスはもちろん満員。
でも前日に買ったチケットを見せたら、
乗務員がチケットを事前に買ってなかった人をどけて、
席を空けてくれた。

ほっとしたのも束の間。
デコボコの悪路をバスは猛スピードで走っていく。
しかも1番後ろの席だったから、特に揺れが凄い。
バスが段差を越える度に体がシートから飛び上がる。
こんなに酷いバス移動は初めて。

20071221- 40
バナナは茎ごと売りに来る。アフリカだねぇ。

初日は途中の町デセで1泊。
次の日も席争奪戦があるので、飯を食って即就寝。

今度はきっちり5時より10分前にバスターミナルに到着。
ところが既にバスターミナルの門の前には長蛇の列。
この人たちと争うの~!?
とうんざりしていたら、
係員が俺達だけバスターミナル内に入れてくれた。

何か外国人は優遇措置みたいなのがあるのかな?
昨日も席を空けてもらえたし。

とりあえず今日も席を無事確保。
5時になって門が開いたら、
みんな一斉にダーッと雪崩れ込んできた。

ひぇ~!!
先に入れてもらえて良かった。
この争奪戦には確実に勝てない。
この日は真ん中ちょっと前ぐらいの席を取ったから、
揺れが昨日より少しマシ。
しかもちょっと慣れた!?

20071221- 39
タイヤがこんなになるまで交換しない!

途中バスの故障があったけど、
夜にはなんとかラリベラに到着。
ラリベラは想像していたより小さな町。

人々が着ている服も薄汚れていたり、
都会のアジスアベバとは大分違う。

20071221- 06

翌日は岩窟教会巡り。
どの教会も大きな岩盤をくりぬいて造られている。
有名なギオルギス教会ってのがやはり良かった。
上から見ると教会自体が十字架の形をしていて美しい。

20071221- 05

中に入ったら、司祭が昔から伝わる十字架を見せてくれた。
この十字架は
このギオルギス教会を表す形になっているとのこと。

う~ん、教会自体が十字架の形をしていて、
十字架が教会の形をしていて…。
ややこしいな。
とりあえず、十字架が大事って事だね!
…違うか!?

20071221- 07

他の教会では偶然ミサというか何かの儀式をやっていた。
信者や司祭らしき人達みんなが
タンバリンを振ったときのような音が出る金属の楽器を持ち、
太鼓に合わせて歌う。

エルサレムの教会で見たのとはまた違った
独特のアフリカっぽい雰囲気。
なんか焚き火を囲んでみんなで雨乞いしてます!
みたいな感じ!?

教会を後にしてホテルに戻ろうとすると、
小さな子供達に囲まれた。
みんな俺達と手を繋ぎたがる。

俺とあきこで4本しか手がないから、6人で奪い合う。
子供達を大勢引き連れ、ホテルまで。
みんなしっかり手を握ってずっとついてくる。

20071221- 08

ホテルに着いたので「チャオ」と言うと、
みんな手を振って帰っていった。
みんな元気で笑顔が可愛いけど、
エチオピアは平均5人兄弟ぐらいらしいので、
おそらく服は兄弟のお下がりで、
かなり年季が入っていてボロボロ。

ほのぼのとした中にアフリカらしさも垣間見た気がした。

by ゆーき
別窓 | エチオピア | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
コーヒーの母国
2007-12-02 Sun 00:55
20071221- 36

ついに今回の旅の山場、アフリカに突入。
エジプトも一応アフリカ大陸ではあるけれど、
まぁほとんどアラブって感じだからね。
だからここエチオピアからが本当のアフリカ。

世界一周する上で一番危険なのがアフリカ。
命が狙われるわけではないけど、
強盗やスリが多い。
だけどエチオピアはアフリカの中では最も治安が良いらしい。

その代わり難点が2つ。
1つ目はダニ、ノミ、南京虫等が多いこと。
もう1つは移動が大変なこと。
座席の硬いオンボロバスで悪路を長時間移動しなければならないらしい。

ということを聞いていたので、
イエメンでエチオピア対策グッズを揃えておいた。

まず殺虫剤とビニールシート。
殺虫剤をベッドにプシューっとふりかけ、
ビニールシートを敷いて寝る。
これで虫をシャットアウト!

次にクッション。
これをバスの座席に敷けば悪路の長時間移動もラクラク!

20071221- 35

でも心はやっぱり警戒態勢。
そんな中、エチオピアへ向かう機内での出来事。

搭乗時にスッチーが「フリーシート」と言っている。
同じイエメン航空でも、
エジプトからイエメンへ向かう便は指定席だったし、
ボーディングパスにも席番号が書いてある。
俺が空いている席を確保して、
あきこが念のため
ボーディングパスに書かれている席番号のところに行ってみた。

するとそこには巨漢の黒人おばちゃんが座っている。
あきこが「ボーディングパスを見せて」と言うと、
すごい剣幕で「Why?Why?」と捲くし立てられたうえ、
現地語で文句らしきことを言われたらしい。

俺が見た感じでは、
おばちゃんはそんなに怒ってるようではなかったけど、
あきこはもうびびりモードに入ってたから余計にそう感じたんだろう。

半泣きで帰ってきて、
「もうエチオピアに行きたくない!」と言い出した。
まぁまぁ、そう言わずに。
もう飛行機乗っちゃってるしね。

20071221- 37

そんな感じでなんとかエチオピアに到着。
まだ日の出前だったので明るくなるまで待つ。
いくら治安がいいといっても、やっぱり怖い。

でも実際アジスアベバの町に着いたら、人はみんな親切。
しかもイタリア植民地時代の影響を受けていて、
ピザやパスタが旨い。
それになんといってもコーヒーが旨い!
さすがコーヒーの原産地。
コーヒーって名前は
原産地であるエチオピアのカファからきているんだって。

20071221- 18

あきこも急に機嫌が良くなって
「エチオピアって良いね!」
と言い出す始末。
コーヒーよありがとう!

by ゆーき
別窓 | エチオピア | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
| 世界一周 ~Feel The World~ |

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。