2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
お気に入りのモスク
2007-10-12 Fri 23:25
20071018-02.jpg

イスタンブールにはたくさんモスクがある。
いくつかモスク巡りをしてみたけど、イズニックタイルをふんだんに使用している
「リュステム・パシャ・モスク」が一番のお気に入り。
タイルの模様は様々だけど、不思議と統一感がある。
ひとつひとつのタイルを見ていると、あっという間に時間が過ぎる。

モスクに一歩足を踏み入れると、町の喧騒が嘘のように静かな空間がそこに佇む。
自然と心が安らぐ。
モスクがもたらす不思議な力。

by あきこ
スポンサーサイト
別窓 | トルコ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
アジアとヨーロッパの交差点
2007-10-11 Thu 23:32
アジアとヨーロッパの交差点、イスタンブール。
長かったアジアの旅。
アジア側から船に乗ってついにヨーロッパ上陸!

20071011-13.jpg
以前イスタンブールを訪れたときの記憶として一番よく覚えているのが、
このトラムが石畳の街中を走る風景。
あぁ、イスタンブールに戻ってきたんだなぁと実感。

20071011-08.jpg 20071011-05.jpg
新市街と旧市街を結ぶガラタ橋ではおじさん達が釣りをしている。
隣の写真はイスタンブール名物サバサンド。
ガラタ橋周辺にはサバサンド屋さんが沢山。
味は予想に反してさっぱり味。
レモンと塩をかけて食べる。

20071011-07.jpg 20071011-06.jpg
イスタンブールのベジクタシュというチームのホームゲームを観戦。
サッカーのレベル自体はいまいちだったけど、ファンの盛り上がりっぷりはすごい!

20071011-10.jpg 20071011-11.jpg
夜はモスクがライトアップされる。
トルコのモスクはミナレットが4本or6本。
大きいモスクだとメインのドームの周りを小さなドームが取り囲んでいる。
イスタンブールにはモスクが数え切れないぐらいある。
だからアザーンが同時に3方向、4方向から重なり合って聞こえてくる。

20071011-12.jpg
新市街のガラタ塔からの眺め。
左奥がアジア側。
右が旧市街(ヨーロッパ)。
手前が新市街(ヨーロッパ)。

by ゆーき
別窓 | トルコ | コメント comment :8 | トラックバック:0 |
エフェス遺跡
2007-09-30 Sun 22:25
20071011-01.jpg 20071011-02.jpg 20071011-03.jpg

トルコに入ってから感じていたけど、遺跡をみて改めて思った。
「ここはもうアジアじゃない。ヨーロッパだ。」

理由はわからないけど、エフェス遺跡にはあまり興味が沸かなかった。
「美しい・・・」
しかし、それ以上のものはここにはなかった。

by あきこ
別窓 | トルコ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
パムッカレ
2007-09-27 Thu 22:53
20070930-03.jpg

これまでパムッカレの写真は何度も見た。
白い石灰棚に青い水が溢れんばかりに張っていて、
まさに美しいの一言。

しかし過度に期待していた俺達を待っていたのは水の枯れた石灰棚。
行き過ぎた観光開発のせいで水が枯れてしまったという話と
定期的に乾かさないと棚が黄ばんでしまうから
水を制限しているという話があるけど、
何れにせよちょっとがっかり。

入口から石灰棚を横断する歩道に人口棚が造られていて、
そこには水が張ってある。
でもそんなんじゃ満足できない!

ここには遺跡や温泉もあるらしいけど急にやる気をなくしたので、
とぼとぼ帰ろうとしていた。
でもやっぱり諦めきれなくて
石灰棚を隅から隅まで見ながら帰っていると、
あ!こんなところに!

あの写真でお馴染みの水が張られた石灰棚が広がっている!
しかも裸足で入れるらしい。
俄然元気になってきた。
二人でウハウハ言いながら水の張られた石灰棚を満喫。

ところがしばらくすると警備員が「ダメだ」と言いにやって来た。
みんな堂々と入っていたからいいのかと思っていたけど、
本当は入っちゃいけないらしい。

でも俺達は十分満喫しちゃいました。
ちょっと得した気分。
多分ここに水が張られていることに気付かないで
帰っていく人は多いだろうなぁ。
大多数の観光客はもっと入口に近い
少しだけ水が張られているところに集まっていたし。

20070930-04.jpg

しかもこっちは夕日がちょうど当たる場所。
夕焼けに染まる石灰棚も見れてもう思い残すことはない!

by ゆーき
別窓 | トルコ | コメント comment :2 | トラックバック:0 |
カッパドキア満喫
2007-09-26 Wed 00:17
宿泊しているギョレメの町は、家々が立ち並ぶ中に
とんがりコーンのような形をした岩が点在するという一風変わったところ。
岩をくりぬいて造った洞窟部屋が旅行者に人気。
洞窟部屋の中はひんやり涼しい。
でもベッドも備えられているし、普通の部屋と雰囲気はあまり変わらない。

20070930-06.jpg
宿から少し歩くだけで、奇岩の森に迷い込める。
そこには現実離れした空間が存在する。

20070930-07.jpg
丘の上に登ると360℃のパノラマが広がる。
カメラのフレームに入りきらない景色を何時間も呆然と見つめる。
カッパドキアは自分の想像を遥かに超えたスケールだった。

20070930-05.jpg
ローズバレーの夕焼け。
刻々と変化する岩肌のあまりの美しさに息を呑む。
「来て良かった」
心からそう思えた場所。

20070930-08.jpg
岩にたくさん穴がある。
これは鳩の家と呼ばれ、鳩の糞を集めて肥料にするためだそう。

20071011-29.jpg
原付バイクをレンタルした。
両側に広がる乾いた大地と岩の数々、その間に敷かれたアスファルト。
カッパドキアの大地を想うがままに走り抜ける。
最高だった!!

by あきこ
別窓 | トルコ | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
| 世界一周 ~Feel The World~ | NEXT

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。