2006年7月10日から1年の予定で出発した世界一周の旅がなんと2年9ヵ月に!!訪問国数72カ国!     会社を辞めて旅に出たカップルの『旅日記』&『旅に役立つ情報』が満載☆

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
チベット問題
2008-04-11 Fri 06:14
今、世界ではチベット問題が話題になっている。
中国政府は躍起になって情報統制を行い、
海外に向けてはもちろん、中国国内に向けても
事実をひた隠しにしている。
中国国内ではもはや過去の事としてうやむやにされようとしているらしく、
チベットに興味を持った一人として声をあげたい。

日本を出るまではチベットの人権問題なんて考えたこともないどころか、
全然知らなかった。
チベットは元々、
チベット仏教の活仏とされるダライラマが治める仏教国家だった。
そこへ中国の人民解放軍が押し寄せ、
占領してしまった。
ダライラマはインドに亡命し、
対話による解決を求めているが、
中国側は「チベットは我々の領土だ」と言って、
聞く耳を持たない。

ここまでなら、現在世界の色々なところで争われている、
民族と領土の問題と変わらない。
中国がさらに酷いのは、
チベットの民族や文化を根絶やしにしようとしていること。
まずチベット仏教の寺院を取り壊し、
ゴンパといわれる僧坊も縮小させた。
僧侶や信者を投獄または殺害。
10万人以上のチベット人が殺されている。
生き残ったチベット人には信仰を捨てるよう要求。
チベット人の血を薄めるため、民族粛清といって、
チベット人の女性に無理矢理漢民族の子供を産ませる。

こういう異常なことをナチスドイツの時代ではなく、
現在進行形で行っているのだ。
先日も数百人のチベット人が命を奪われた。
それから最近顕著なのが文化破壊。
漢民族のチベットへの移住を促進し、
チベット独特の文化を失わせようとしている。

自分達バックパッカーにとってチベットは特別な場所。
チベットに魅せられてハマる人は非常に多い。
バックパッカーに一番人気のある「旅行人」のガイドブックでも
他は数カ国を一冊で紹介しているのに対し、
チベットはその一地域だけで一冊になっている程。
独特の世界があって、文化も他とはかけ離れているし、
なんといっても神秘的な雰囲気がある。
一度でもチベットに行ったことがあるなら誰でもその文化に胸打たれるし、
この文化がなくなって欲しくないと思うはず。

しかしこんな酷い人権無視をする中国に対して
世界各国の政府は腰が重い。
なぜかというと、今中国がおいしいから。
今中国は急速に発展している。
人口も世界の約6分の1を占める。
世界を旅すると分かるけど、
今や中国製品は世界中どこに行っても溢れている。
アフリカのマサイ族だって身につけている。
理由は安いから。
中国は物価も安ければ生産コストも安い。

今世界で最も注目を浴びているのが中国市場。
どこの国も中国と仲良くして、自国の経済を潤したい。
もしいちゃもんをつけて、中国と仲が悪くなったら、その国だけ出遅れてしまう。
だからなかなか面と向かって強く言えない。

日本なんて全くそう。
でも日本がおかしいのはメディアまでおとなしいこと。
欧米諸国は政府は及び腰でもメディアはきちんともの申している。
日本のメディアは裏で何か中国と繋がりがあるのだろうか。

ところで先日の事件はなぜ起きたのだろうか。
昨今世界各地で独立をめぐる争いが活発化していることも理由としてあるだろう。
北京オリンピックで注目を浴びる今こそ時期だというのもあるだろう。
先日ビョークが中国で行われたコンサートで
チベット解放を訴えたことも関係するのかもしれない。

そういえば、去年俺たちがチベットを訪れた後、
アメリカ人がチベットで中国の国旗を焼き、問題になったことがあった。
その後チベット自治区内での外国人の行動範囲に対する取締りが厳しくなった。
(チベットでは外国人はラサ等の漢民族が多数移住してきている
大きな町以外には行ってはいけないことになっている。
本当のチベットを見せないようにするためだろう。)
そのときは「あー、またチベットに行き辛くなっちゃったな」
ぐらいにしか思ってなかったけど、今なら何か変わるかもしれない。

今までチベット問題に関心がなかった人に
一人でも関心を持ってもらえたらと思って書きました。

Free Tibet!

by ゆーき
スポンサーサイト
別窓 | 中国 | コメント comment :3 | トラックバック:0 |
近代化された町 カシュガル
2007-06-25 Mon 16:01
20070705-04.jpg 20070705-05.jpg 20070705-06.jpg
カシュガルの町はかなり近代化されている。
綺麗に整備された広い道路の両側にはビルや商店が立ち並び、
電気バイクや自動車がびゅんびゅんと走り去っていく。
こんなにも近代化された町だと想像していなかったので少し残念。
昔はロバ車が行き交い、土埃が舞う。
決して快適ではなかったかもしれないけれど、
カシュガルらしさが漂っていたのではないだろうか。

でもカシュガルの中心街から少し離れると、
そこでは昔の面影を残した場所に出会える。
土で作られたお墓や家。
どの家の入り口も同じ造りになっている。扉と塀があるだけ。
扉の向こうはどうなっているんだろう?
ちょっと気になり、たまに開いている扉から失礼ながらも覗き込む。
家々によって違うけど、なんだか快適そう。

20070705-20.jpg 20070705-19.jpg 20070705-21.jpg
カシュガルには日曜だけ行われている「アニマルマーケット」以外に、
日用品などを売るマーケットも有名。
このマーケットは毎日行われているけど、日曜は一番人出が多い。
マーケットでは日用品から食品まで、ありとあらゆる物が売られている。
ウイグル人が被っている帽子も、もちろんある。
季節外れの毛皮の帽子やマフラーなんかも置いている。
狐や猫の手がそのまま帽子やマフラーの一部になっていて
ちょっとグロテスク。

カシュガルではほんの数日しか滞在しない予定だったけど、
久しぶりの中華がやけにおいしくて、ついつい長居してしまった。
やっぱ中華は最高だ!!

by あきこ
別窓 | 中国 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
animal market
2007-06-17 Sun 23:11
20070619-09.jpg 20070619-06.jpg
20070619-07.jpg 20070619-10.jpg

日曜だけ、アニマルマーケットが開かれる。
今まで色んなマーケットを見てきたけど、動物がメインなのは初めて!!
ワクワクして行ってみると、早速羊に人が群がっている所を発見。
みんな羊のからだを触って真剣に品定め。

買ったところで持って帰るのが、さぁ大変。
動物に引っ張られて、あっちへこっちへ。
連れて帰るんだか、連れられてるんだか。
抱えて持って帰る人もいたよ。
トラックの荷台にも動物がたくさん積まれてた。

馬の手綱を売るお店もたくさんある。
さすがアニマルマーケット。

20070619-08.jpg 20070619-11.jpg

売っている動物は、羊、山羊、馬、牛。
ラクダも売っているかと期待したけど、ラクダはおらず。
マーケットの中は、メェ〜、モォ〜、グゴッグゴッ(ロバ)と
動物の鳴き声が鳴りやまない。
夕方に行ったからか、売り物の子羊ちゃんたちは疲れて居眠り。
寄り添って寝てて、かわい〜。

by あきこ
別窓 | 中国 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
峠越え
2007-06-16 Sat 20:04
パキスタンから中国へ向かう国境の
フンジュラーブ峠で崖崩れが起きて、
車が通れなくなっているらしいと聞いていた。
フンザで1週間程様子を伺っていたけど、
一向に良くなる気配がないので、
思い切って向かってみることにした。

まずバスでその崖崩れポイントまで行く。
車が通れないところを歩いて渡ると
向う側にバスが待っているらしい。

1ケ月と少し滞在したフンザを離れ、
国境手前の町スストで一泊する。
翌日スストで出国審査を済ませ出発。
ここでは出入国審査を行うのが国境ではない。
パキスタン側はススト。
中国側はタシュクルガン。
お互いに国境から100km以上離れている。
なんでこうなっているのかは後程分かる。

さてスストを出発した車は1時間半程で崖崩れポイントに着いた。
ここから車道を離れ、足場の悪い山道を歩いて登ることになる。
ポーターがわらわらとやってきた。
荷物一つにつき500ルピーと高いので
俺のバックパックだけポーターに預け、
あきこのバックパックは俺が担いでいくことにした。

山道を少し歩いたところでポーターが下の方を指し、
「あそこが道だったところだ」と教えてくれた。
下を見ると大きな川。
道なんて全然ない。
遠くを見ると道が川の中に沈み込んでいってるのがわかる。
崖崩れって聞いていたから
道の上に土砂が堆積して塞がれているのを想像してた。

ポーターの話によると、
氷河が崩れて道が水没してしまったらしい。
これはとても1週間やそこらで修復できるもんじゃないな。
思い切ってフンザを出てきて良かった。

20070619-01.jpg 20070619-02.jpg 20070619-03.jpg
  写真左:歩いて峠越え
  写真中、右:道路が水に沈み込んでいってるところ

40分程山道を歩くと反対側の車道に出た。
ここに来るまでは3時間ぐらい歩くらしいとか
いろんなことを聞いていたけど、
心配していた程大変ではなくて助かった。

ここはかつてシルクロードだったところ。
昔の人達もこうやって荷物を担ぎ、
歩いて峠越えをしたのだろう。
少しだけそれを体験できた。

反対側で待ち構えていたバスに乗り、国境を目指す。
標高も益々高くなり、雪が吹雪いてきた。
同じバスに乗っているおじいちゃんが
「ここはまさに"NO MAN'SLAND"だな」
と呟いた。
まさにそのとおり!
こんなところに誰も住みたくない。

今パキスタン南部では50℃を超える猛暑だというのに、
同じ国内でもこんなに違うのだ。
この辺りは冬になると雪で閉ざされ通行できない。
わざわざ出入国管理事務所を
こんなところに置きたくない理由がわかった。

それでも国境を越えてしばらく進むと、
中国軍のチェックポストがあって若い兵士が数人いた。
さすが中国、厳しい~!

上官が号令すると若い兵士達が「ハッ!」と掛け声を上げ、
俺たちの荷物を小走りでバスまで運んでゆく。
う~ん、パキスタンとは全然違う。
中国に戻ってきたんだなぁと実感。

中国国境を越えてから道の舗装状態が格段に良くなった。
峠を越えると寒いのに変わりはないが雪は止み、
ほのぼのした風景に変わってきた。
アライグマみたいなのがチョコチョコ走り回っている。
両側を山に挟まれた広大な台地をバスはひた走る。
パキスタン側は切り立った崖の間を縫って走っていたけど、
この辺りはチベットの風景に似ている。

20070619-04.jpg 20070619-05.jpg
  写真左:国境近辺の雪景色
  写真右:中国側のほのぼのした景色

スストを出て約8時間。
ようやくタシュクルガンの町に到着。
宿の人と中国語で値段交渉。
少しずつ中国語を思い出す。
会話が成り立つと嬉しい。

俺たちが中国語を話せると分かると宿の夫婦も嬉しいらしく、
二人で同時にマシンガントーク!
さすがにこれは分からない。
ちょっと残念そう。
でも楽しい。

一息ついたら早速中華。
やっぱりウマイ!
約半年ぶりの中国。
やっぱりイイ!
後は暖かいカシュガルに行って2ヶ月ぶりのビールを飲むだけ!

by ゆーき
別窓 | 中国 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
辛いバス移動
2007-01-18 Thu 16:44
20070126-13.jpg

ついに2ヶ月滞在した中国を出て、ネパールへ向かうことに。
ラサから中国とネパールの国境の町ダムまで、ローカルバスで移動。

昨夜は同じドミ部屋の韓国人のおじちゃんのいびきがうるさくて
眠れなかったためか、あまり体調は万全ではなかった。
バスに乗ってしばらくすると早くも車酔い。
道は舗装されていたし、特にすごい揺れがあるわけでもなかったが。
5時間程経ち、シガツェという町を越えてからは未舗装の道になった。
ひたすら身体が上下に揺れる道。
気持ち悪さがさらに増す。
あと何時間この道が続くんだろう・・・。

それが運悪く、10時間も続いた。
旅に来て車酔いでは初の嘔吐をしたが、一向に気分は優れない。
外は茶色の山と大地と凍った水。たまにチベタンの家が見えるだけ。
他には何もない。バスは止まる気配なし。
どうにもならないこの状況が無性に悲しくなってきた。
色んな想いが頭の中を交差する。
「つらい。もうこんなバス移動やめたい。」
「自分で決めた道。旅は楽しいことばかりじゃない。ひたすら耐えろ。」
気づいたら目から涙がポロポロこぼれ落ちていた。
泣きながら吐き気と戦う。

国境の町ダムに着いたのは夜中の12時だった。
辛い辛い15時間のバス移動はやっと終了。
明日はついに9カ国目、ネパール!!
どんな国なんだろう・・・。
期待を膨らませながら、眠りについた。

by あきこ
別窓 | 中国 | コメント comment :0 | トラックバック:0 |
| 世界一周 ~Feel The World~ | NEXT

ルートマップ

地図をクリックすると拡大されます。

紫:空路   緑:陸路・航路

いまココ♪

今、日本の東京にいます!!
(2010/2/22現在)
Now we are in Tokyo,Japan.

ピンク:空路   緑:陸路   青:航路

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

BACKPACKER WEBRING

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。